極悪と戦えば極善となる

 「破邪顕正」謗法呵責をメインに記事を綴っていきます。なお、コメント欄に初投稿する場合は、軽く自己紹介をするようにお願いします。管理人が非常識、悪質なコメントと判断した場合、削除させていただくこともありますのでご了承ください。

創価三代会長の優しさと強さ ①牧口先生

2017年大白蓮華4月号 幸福と平和を創る智慧より


 (牧口先生が)北海道で教師をされていた時は、雪が降る日など、生徒が登校してくるのを迎えに行き、下校の時には送っていかれた。体の弱い子が皆に遅れないように気を使いながら、小さな生徒は背中におぶって、大きな生徒は手を引いてー。


 また、お湯をわかして、子どものあかぎれだらけの手をとり、お湯の中に静かに入れてあげた。「どうだ、気持ちがいいか」「うん、ちょっと痛いけど」ー美しい光景です。


 牧口先生は、東京に来られてからも、名校長として有名だったが、権力のあるものにへつらわないものだから、いつもにらまれていた。それで、いつも迫害を受け、左遷です。


 貧しい家の子どもだけが集まる小学校(三笠小学校)に赴任した時もある。雨が降っても、傘もない子が、たくさんいるほどの貧しさだった。牧口先生は弁当を持ってこられない生徒のために、自腹を切って、豆もちや食事を用意した。ご自分も八人の大家族を抱えて大変だったころです。しかも、先生は、子どもたちの気持ちが傷つかないように、用意した食事を用務員室に置いて、皆が自由に持っていけるようにしたのです。


 優しい牧口先生は、「子どもたちの幸福のためならなんでもしよう」という心だった。
個性を殺す「詰め込み教育」などで苦しむこどもたちを思うと、何とか救ってやりたいと「気が狂いそうなほど」だったと書き残されている。


 また、子どものためなら、どんな権力者にも一歩も引かなかった。「怒り」をもって戦われた。当時、絶大の権威をもっていた「視学」に対して、いたずらに教育を画一化させるとして『視学無用論』を堂々と主張したほどです。


 だから、権力ににらまれた。だから、民衆には慕われた。
牧口先生が学校を変わるとなると、生徒は泣きだし、父母から教職員まで、先生を慕って、すすり泣くほどだったという。


 そして牧口先生は、最後は軍国主義に抵抗して獄死です。
先生は、わが身はどうなろうと、民衆を不幸にする軍国主義は許せなかった。間違った思想は許せなかった。


 優しさは、悪に対しても強い。
仏法では、「怒り」は善にも悪にも通ずると説いている。善のための怒りは必要なことです。自分の感情だけで怒るのは畜生の心です。人間は偉大であるほど、その愛も大きい。
愛が大きいから強いのです。優しいのです。