極悪と戦えば極善となる

 「破邪顕正」謗法呵責をメインに記事を綴っていきます。なお、コメント欄に初投稿する場合は、軽く自己紹介をするようにお願いします。管理人が非常識、悪質なコメントと判断した場合、削除させていただくこともありますのでご了承ください。

第六十二世 鈴木日恭の最後

S18年6月、創価教育学会 牧口会長、
戸田理事長以下幹部数名が日蓮正宗宗門から登山を命じられた。


鈴木日恭らが立ちあいのもと、庶務部長であった渡辺慈海より


「神札を一応受けるように会員に命じてはどうか」


と言われるが牧口会長は、


「承服いたしかねます、神札は絶対に受けません」


とこれを拒否。本山を後にした牧口会長は帰り道で戸田理事長に熱く語った。


「いまこそ国家諌暁のときではないか、何を恐れているのか知らん」



牧口会長は、【時の貫首為りと雖も仏法に相違して己義を構えば之を用う可からざる事】との日興上人のご遺誡を厳格に守った。


牧口会長は、改めて登山し「神札甘受は過ちである」と鈴木日恭に諫言した。
それに対して日恭は「登山停止」の処分で答えた。


7月6日に牧口会長、戸田理事長らが逮捕されると「信徒除名処分」にして保身を図る。



その2年後のS20年6月17日、大石寺大奥対面所北側の廊下を隔てた部屋より出火、その火は管長室に燃え移った。


故・河辺慈篤と面識があったジャーナリストの北林芳典氏は、当時所化として現場にいた河辺に鈴木日恭の死の真相を聞き出している。


「日恭上人が亡くなられた時は、どんな様子だったんですか?」


「ありゃー、二回焼いたんじゃ」


以下、同氏著「暁闇」より一部抜粋


「河辺は、火災がおさまった後、鈴木日恭の姿が見当たらないので、必死になって探し、灰燼の中から発見したと話した。河辺によれば、発見した鈴木日恭の遺体は凄惨を極めており、大奥の大釜の中に太った身体がずっぽりとはまり、はらわたが生焼けとなり、上半身黒焦げだったという。ともにいた所化の増田壌允が自分のところに来て、「今、押し入れの中で煙草を吸ってて、ボヤを出しそうになった」と言ったので「ちゃんと始末したか」と聞いたら「小便かけて火は消した」と答えたので、安心して寝たところ一時間くらいして火事になった、と述べた。河辺の分析では、布団の綿についた火は消えにくいので、小便くらいでは消えなかったのだろう、ということだった」



C作戦を日顕に伝授した山崎

阿部日顕は、最初は創価学会と協調路線をとっていたが
山崎は高橋公純(当時 本応寺住職)や弟の段勲などのルートを使って、
日顕が池田名誉会長や創価学会へ悪感情を抱くように情報操作し続けた。



宗門内部の実情を暴露した「地涌」には、C作戦(創価学会分離作戦)の詳しい内容が載せられている。


①池田名誉会長の総講頭の罷免


②創価学会に要求をつきつける


・宗教法人 創価学会の役員の半数を日蓮正宗の僧侶より選出する
・池田名誉会長は、単なる名誉職とし、いかなる権限ももたない
・池田名誉会長は自宅謹慎する
・聖教新聞は池田名誉会長の発言を掲載しない また同氏に対する報道も一切行わない
・第一庶務は解散


③要求を承諾しない場合は、池田名誉会長を破門にし、テレビ、ラジオ、雑誌などを通じて、日蓮正宗と創価学会は全く関係ないことをアピールする


④朝日、毎日、読売に、日蓮正宗と創価学会は一切関係ないという主旨の「公告」を一週間にわたり掲載する その費用は一億二千万とする


⑤日蓮正宗と創価学会を分離した後、どちらに入るかは創価学会員の選択に任せる



このC作戦、もともとは山崎が日顕に指南したものだった。



「どう?和道さん、僕の手腕は。ざまあみろってんだ。俺をナメたらどうなるか、池田も思い知っただろうよ。いやあ、苦しかったよ、長かったよ、ここまでもってくるのは」


「今度の問題に山崎さんが噛んでるの?」


「当たり前でしょう。誰があのテープ (お尋ね文書で取り上げられた池田名誉会長のスピーチ) を阿部さんの元に届けたと思ってんの。誰がC作戦を授けたと思ってんの。あー、疲れたよ、やるだけやったよ、僕は」


ー私は半信半疑だったが、間断なく宗門や学会に情報網を巧みに張り巡らし、阿部師に届くよう操作情報をまことしやかに流し続けていたであろう山崎氏の不気味さを知る思いであったー                    (浜中和道 回想録より一部抜粋)





山崎に血脈相承を証明してもらうしかなかった阿部日顕

山崎は阿部日顕が登座直後、細井日達管長同様にたらしこもうと接近を図る。
しかし、学会側から山崎の真の姿が伝わり、目論見は失敗。


「あんたは、大ウソつきだ!」


と罵倒され、本山出入り禁止に。



頭にきた山崎は、細井日達管長のお耳役だった浜中和道に電話をかけ、
まくしたてている。


「あの野郎が猊下なものか。和道さんも知っているでしょう。日達上人が亡くなる前には、あいつには相承する気がなかったってことは」


「あの野郎は、俺がそのことを知らないと思って、法主面しやがって。今に見てろって言うんだ」



この血脈相承の問題で、山崎は「週刊文春」に登場し、


【二つの疑惑 日達上人の遷化と阿部日顕の相伝】


というタイトルの手記を載せている。


「御相伝そのものは、なされていた形がどこにも見当たらない。見た人は誰もいなかった」



""大ウソつきだ""と怒鳴られたことがよほど悔しかったのか、


「宗内で一、二を争う遊とう児」
「まことに信仰心のうすい、功利主義の権化」
「野心家」
「ゼニゲバ」
「独裁者」


等々、怒りのままに日顕罵倒の記事を書いていた。



しかし創価学会を倒すために、後に日顕と手を結ぶ路線に方向転換する。
山崎は、創価学会恐喝事件で刑務所に入る直前、浜中に以下このような発言をしている。



「これは和道さんだから言うんだけどね。実はね、僕は阿部さんの血脈相承を認めちゃったんだよ」


「え?!」


「だからね、僕は学会を倒すために、阿部の懐に飛び込んだんだよ。今は阿部さんの猊座の権威が必要なんだよ。・・(略) 正信会のために、共通の敵の学会と戦うために阿部さんと連携したんだよ。・・(略) 阿部さんが""頼むから、俺に血脈相承があったことを認めてくれ""って言ってきたんだよ」


「だって阿部さんに相承がないのは事実じゃない」


「それはそうかもしれないけどさ、相承があってもなくても、もう猊下としての既成事実が出来上がっているんだから、しょうがないじゃない。今、それを論じるんじゃなくて、どうすれば池田を潰せるかってことを考えるのが先でしょう」



血脈相承のことで後ろめたさがあった日顕は、弱みを握られている山崎に""相承があった""と公の場で証明してもらうしかなかった。「あの時は、ウソつきと言って悪かった。かんべんしてください」と山崎に謝罪した。山崎は高笑いしながら浜中にこう言った。



「阿部さんが謝ってきたよ。<あんたはウソつきだっていって、申し訳なかった>ってね。今さら、僕のすごさがわかったんだよ、あの男にもね。僕にひれ伏したんだよ」





                       (浜中和道 回想録より一部抜粋)