極悪と戦えば極善となる

 「破邪顕正」謗法呵責をメインに記事を綴っていきます。なお、コメント欄に初投稿する場合は、軽く自己紹介をするようにお願いします。管理人が非常識、悪質なコメントと判断した場合、削除させていただくこともありますのでご了承ください。

追撃の手をゆるめるな

 広宣流布においては、日蓮大聖人を裏切り、同志を裏切った悪人を、徹底的に追及しなければならない。日本的な「水に流す」とか「みそぎ」とかいう慣習は、一見、寛容のようであって、じつは『悪への怒りがなく、けじめがない』だけである。「もう、この辺でいいだろう」は、精神の敗北である。



 日蓮大聖人も、日興上人も、どんな小さな悪も許されなかった。
仏法は「人情論」ではない。「正義の大闘争」である。



 戸田先生も笑って言われていたが、大聖人の「口の悪さ」には、だれもかなわない。


 世間で尊敬されている、極楽寺良観に対しても、
『蚊(か)のような、虻(あぶ)のような、蝦蟆(がま)のような法師である』(御書P1162)
とおおやけにいっておられた。


 『釈尊も、同じように厳しく経文で言っておられるのだから、それでよいのだ』(同)
とも書いておられる。



 日興上人も、「五老僧」とその一味を、最後の最後まで許しておられない。
「五人所破抄」を弟子に書かせたのは、身延離山から数えて、なんと四十年目である。ご入滅直前の「日興遺誡置文」でも、厳しく「五老僧たちの立てた宗義は、ひとつひとつ、すべて師匠である日蓮大聖人の化導と違っている」(P1617)と破折しておられる。


 最後の最後まで、追撃の手をゆるめておられない。
正義の勝利のためには「徹底する」以外にない。「執念」以外にない。
中途半端は、敵を喜ばせるだけである。


      (輝きの人間世紀へー御書とその心 池田大作 ""退転・反逆""より)

大魔のつきたる者ども

『大魔のつきたる者どもは一人をけいくん(教訓)しを(落)としつれば・それをひつかけにして多くの人をせ(攻)めおと(落)すなり』御書P1539


(大魔がついた者たちは、1人を教訓して退転させたときは、それをきっかけにして多くの人を退転させるのである)


彼らの本質を大聖人は次のように指摘されている。


『日蓮が弟子にせう(少輔)房と申し・のと(能登)房といゐ・なごえ(名越)の尼なんど申せし物どもは・よく(欲)ふかく・心をくびやう(臆病)に・愚痴にして・而(しか)も智者となの(名乗)りし・やつばら(奴原)なりしかば・事のをこりし時・たよりをえて・おほ(多)くの人を・お(落)とせしなり』御書(P1539)


(日蓮の弟子の小輔房(しょうぼう)といい、能登房(のとぼう)といい、名越(なごえ)の尼などといった者たちは、欲深く、心は臆病で愚かでありながら、しかも自分では智者と名乗っていた連中だったので、ことがおこった時に、その機会に便乗して、多くの人を退転させたのである)



大聖人ご在世当時の、小輔房、能登房、名越の尼といったら、
今の学会でいえば、大幹部、草創の大先輩にあたったのだろう。
その彼らが大聖人門下を退転へとひきずりこもうとしたのである。



たぼらかされてはいけない。
""愚者でありながら智者""と名乗っている、中途半端な信心で脱落した連中のいうことを鵜呑みにし、信心を破壊されてはいけない。魔は""奪命者""であり、""奪功徳者""である。


今、インターネットの世界においても「書きたい放題」している、"魔に魅入られた者たち"が徘徊していて、情報は氾濫し、まさに玉石混交となっている。
学会員は、ガセ情報に惑わされないよう、それらを見極める眼、洞察力をもつべきであろう。出所不明な情報は、信じないことである。


折伏せよ 敵と戦え

第25回 本部幹部会(1998・8・27) 池田先生のスピーチより  


牧口先生は
正邪の決着をつけていくこことが
動執生疑(どうしゅうしょうぎ)を起こし
人々を自覚させ 目覚めさせて
それ自体が慈悲の力であり
勇気の力であると


戦えば戦うほど
こちらが強くなればなるほど
仏法勝負の実証は早く出る


悪を滅するを功と云い
善を生ずるを徳と云う
仏敵と戦わなければ
無量無辺の功徳が沸いてこない


敵がいないと功徳がでない
牧口先生は『どんどん敵を出すようにしろ』
とおっしゃられた 
おもしろい先生です


広宣流布に向かって戦闘しゆく人
これが真の大聖人門下である


牧口先生は
特高刑事の苛烈な取り調べに対しても
毅然(きぜん)たる折伏精神で
正義を訴える


大聖人は
""一国の仏罰の厳しさをもって
我らの功徳の大きさを推察すれば
我が一門は
仏の十号に勝る福運に
包まれることは
絶対に間違いない"" と



日蓮大聖人をいじめて、日本は大罰を受けた
牧口先生、戸田先生をいじめた日本は滅びた


反対に仏意仏勅の学会員の皆さまには
ますますの功徳が 光るであろう
ますますの福徳が 必ずや薫るであろう
大聖人が そうお約束である