極悪と戦えば極善となる

 「破邪顕正」謗法呵責をメインに記事を綴っていきます。なお、コメント欄に初投稿する場合は、軽く自己紹介をするようにお願いします。管理人が非常識、悪質なコメントと判断した場合、削除させていただくこともありますのでご了承ください。

梵我一如さんのご質問への返答

【戸田会長は、本当は本門戒壇の大御本尊様も他の御本尊様もすべて一緒だと知っていたのに、日蓮正宗に合わせる為に、本門戒壇の大御本尊様だけが、本門の本尊だと会員に言っていたのか】



戒壇の大御本尊について触れた最古の文献は、大聖人滅後280年の永禄四年、


『久遠寺の板本尊、今、大石寺にあり。大聖御存日の時の造立なり』
                    (保田妙本寺・日我 観心本尊抄抜書)


それ以前、戒壇の大御本尊に触れた文献はなく、御書にも戒壇本尊に対する記述が一切出てこないこと、戒壇本尊と大聖人が弘安三年五月九日にあらわされた日禅授与の本尊と大きさ、筆跡ともに一致していること、日興跡条条事の「弘安二年大御本尊」は、同年日興上人が授与された万年救護本尊(保田妙法寺蔵)である可能性が高い等々、最近の研究では
戒壇の大御本尊は、大聖人の御真筆(日禅授与本尊)の模写であるという見解が、ほぼ明らかになっています。


戸田先生は、日蓮正宗に合わせる為に‘’本門戒壇の大御本尊だけが、本門の本尊‘’と会員にいっていたわけではなく、「究極中の究極、本懐中の本懐」(文段集P452)と戒壇本尊を位置づけられている日寛上人の教学を用いられていたからだと思います。


【教学は日寛上人の時代にかえれって言ったのも、(戸田先生は)本当は日寛上人の教学もオカシナところがある事を知っていたのに、わざわざ何故そんな事をいったんだろう】



富士門流の有意性を示すため後世に定着していったものと思われる「大御本尊根本信仰」
の教義を日寛上人もそのまま順守され、その日寛教学を用いていた当時は「オカシイところがある」とは、思われなかったのではないでしょうか。


                              (続きます)
                             



梵我一如さん こちらへどうぞ

当ブログにお越しいただき、また、拙い文章を読んでいただいてありがとうございます。


失礼ながら、貴方様のことはよく存じあげないのですが、ご意見があるのならば、何故、前記事に直接、コメントをいただけなかったのでしょうか。


以前、他の法華講員の方からコメントをいただきましたが、その方は、私が学会の信仰に絶対の確信をもっているように『正宗が絶対に正しい』との信念をお持ちで、御書の一節や富士宗学要集を引いて破折されてきたので、私自身、その熱意と真剣さを感じ取り、真剣に唱題し、思索してからコメントの返信をしていました。


‘’たかがブログで‘’と思われるかもしれませんが、自分の考えを全世界発信してしまうのは、責任がともなうことです。もし、中途半端な気持ちでいるなら、このコメント欄に投稿していただかなくても結構です。


なお、コメントをいただく場合、


『但し法門をもて邪正をただすべし』(御書P16)
『専ら経文を以て責め申す時』(P881)
『仏法の邪正をただす事・皆経文を先とせり』(P1207)


との宗祖の仰せ通り、必ず御書の一節を引いていただきたく思います。


この記事には、ご本人以外の方のコメントはご遠慮願います。

御不敬をした人は救われるのか


戸田城聖先生05b_質問の部No1-登山会の質問会2_19571019於総本山客殿


(御不敬をしてしまった人は救われるのか、との質問に対して)


「救われます。その代わり条件がある。その人は、地獄へいっぺん堕ちて、もう悩み切って、それで懺悔して、それから救われます。救われますよ、それを逆縁という。救われるには救われるけれども、すぐには救われないぞ。借金して払わんでいいですか、それじゃ困る(笑)」



「一度、地獄に堕ちなゃあ、ならん。ただ、救われることは救われる。縁を結んだんだから。以上、終わり」



              (戸田城聖先生 登山会質問会 1957・10・19)


戸田先生は、豪放磊落、指導は自由闊達。


「今日は荒いぞ。覚悟して聞け、今日は荒いから(笑)」17:58~


法華講員が、かつての戸田先生の指導を引いて、宗門の正当性を強調しているのをネット上でよくみかけるが、戸田先生が日蓮正宗の信徒である以上、大御本尊を讃嘆したり、時の猊下を擁護する発言をするのは当然のことである。当時は僧俗和合して、ともに広宣流布という目的に向かって前進していたのだから。



「あのおじいちゃん(堀日亨猊下)、ヤカマシイんだよ、とってもヤカマシイから僕(戸田先生)とよくケンカになる」


堀日亨上人は、宗門の碩学と呼ばれていたが、権威を嫌い、若い所化にも自分のことを「おじいちゃん」と呼ばせていた。そういう気取らない人柄だったから、戸田先生も信頼をよせていたのだと思う。関西文化祭の後に「日顕上人猊下と言ったが、なぜ御法主上人と言わなかったのか」という一言をいうために、わざわざ登山を強いる日顕とは大違いである。


宗門が「僧侶主導の広宣流布」を唱えるのであれば、法華講員は一信徒である戸田先生の指導ばかり引用するのではなく、力のある僧侶の指導の引用をして破折したらどうか。もっとも、今の宗門にそんな力量を持った僧侶がいるとは思えないが・・・・。