極悪と戦えば極善となる

 「破邪顕正」謗法呵責をメインに記事を綴っていきます。なお、コメント欄に初投稿する場合は、軽く自己紹介をするようにお願いします。管理人が非常識、悪質なコメントと判断した場合、削除させていただくこともありますのでご了承ください。

一歩も引いてはならない。戦う時なんだよ。


日顕の正体-戸田第二代会長の言葉



戸田先生の慧眼は、現在の宗門の姿を見抜かれていたようである。


『大聖人様の御時代に、あるいは良観とか あるいは法然の弟子とかそういう者(の弟子などになる連中)は、一体どういう奴かというと、昔、仏法をくさした、その外道の者が生まれてきて仏法をやってですね、そうして今度は正法を邪魔するんです。そうすると今度 どうなるか。あいつら死ぬと、今度、日蓮正宗の中に生まれてくるんだよ。誠にこれ
は、おもしろいもんだぞ。』(S31年2月7日 佐渡御書講義 於 中之島公会堂)


戸田先生は亡くなる前、
『宗門に巣くう悪とは、断固、戦え。いいか、伸一、一歩も退いてはならんぞ。・・・・追撃の手をゆるめるな!』(人間革命第12巻 寂光)と池田先生に遺言された。


「創価学会に教義はなく、もともとは日蓮正宗の講のひとつで、牧口会長も法華講の三谷氏から折伏を受けたのに、その恩を忘れ、宗門に弓を引いている」、と主張する人もいる。しかし、恩があるからこそ学会は『日興遺誡置文(にっこうゆいかいおきぶみ)』に反する獅子身中の虫、「謗法を呵責せずして遊戯雑談(ゆげぞうだん)」に明け暮れてる悪侶を責めていったのである。


日興上人は「日興遺誡置文」で「此の内一箇条に於ても犯す者は日興が末流に有る可からず」(二十六箇条のうちの一箇条でも破った者は、日興の弟子ではない)と断言されている。


日蓮大聖人は、「謗法の僧を厳しく対治(たいじ)することは罪になるか」との問いに、
涅槃経の文を引いて「必ず厳しく対治しなさい。全く罪などない」(御書P85)と明快に仰せである。


池田先生は、この「災難対治抄」の御文で、悪を責めることに対して以下のように指導されている。


『苦治(くじ)』(御書P85)すなわち、仏敵が苦しむほど厳しく対治してこそ、祈りは叶う。泥を捨ててこそ、清水が飲める。雲を払ってこそ、太陽の光を浴びられる。ガンは切除してこそ、薬も効き、健康になる。極悪は徹底して""強く""責めなければいけない。この御文に照らして""責めすぎる""ということはない。ー1992・11・2ー
(輝きの人間世紀へ 御書とその心 池田大作)



万祈を修せんよりは 此の一凶を禁ぜんには


グルーブ学習会において「立正安国論」を4回にわたって講義させていただいた。
題目をあげ、御書にふれていく中で、日蓮仏法の究極中の究極の修行は「謗法呵責」であることを学んだ。


私は、もともと事なかれ主義で議論をすることはあまり得意ではない。
しかし、立正安国論を学ぶうち、有名な以下の一節がずっと私の脳裏から離れなかった。


「若し善比丘あつて法を壊ぶる者を見て置いて呵責し駆遣し挙処せずんば当に知るべし是の人は仏法の中の怨なり、若し能く駆遣し呵責し挙処せば是れ我が弟子・真の声聞なり」(御書P26)


大聖人は他の御書でも、何度もこの涅槃経の文をひいて、いくら信心をしていても謗法を責めていかなければ成仏できず、「仏法中怨」、自身が仏法の中の怨(あだ)となってしまう、と厳しく仰せられている。


大聖人は当時大流行していた念仏を「此の一凶」と断じられ、邪義を説いて人々を惑わしている悪僧を徹底的に破折していかれた。真っ先に念仏を破折された背景は多々考えられるが、ひとつには民衆の間にはびこっていた厭世思想により、自殺者が多発していたことによると思われる。


念仏を唱えると死んでから阿弥陀仏に救ってもらえるというこの教えは、人々を嫌なこと
から現実逃避させ、生命力を奪っていった。


私は、何年もこの念仏の害毒に苦しんだ。
憎んでも憎み足りないくらい・・・
邪な宗教は、人間の心身を蝕んでいく。
大聖人が責めていかれたのは当然のことである。


現代における一凶は、日顕とその一派、日蓮正宗宗門である。
外護の赤誠をつくしてきた池田先生を日顕が破門する、という大謗法を犯してから阪神大震災からはじまり、数々の三災七難が相次いでおこっている。


今のご時世、「万祈」ではなく、「一凶」を禁ずる祈り。
極悪を絶対に許さない!という強き祈りが大事になってくる。


宗門とは今後も徹底抗戦していく。
池田先生と純粋な学会員から供養をとれるだけとって利用し、
金がたまったら切り捨てた日顕とその一派を絶対に許さない。