極悪と戦えば極善となる

 「破邪顕正」謗法呵責をメインに記事を綴っていきます。なお、コメント欄に初投稿する場合は、軽く自己紹介をするようにお願いします。管理人が非常識、悪質なコメントと判断した場合、削除させていただくこともありますのでご了承ください。

差別する一切と戦う


以下、法華経の智慧第六巻より  池田先生の言葉を一部抜粋


 ともあれ、どんなきらびやかな言葉も、民衆の現実の苦しみに背を向けたのでは、偽善にすぎない。自分が「高い所」にいて、安穏に暮らしているだけなら、もう仏法は死んでいる。


 法華経の真髄を弘めるために出現された大聖人が、あえてもっとも「低い所」にお生まれになり、御自身を""旋陀羅(せんだら)が子"" と宣言なされた深義(しんぎ)をかみしめなければならない。大聖人は、あえて、一番苦しんでいる民衆の中に生まれ、「差別される側」に生まれて、大迫害を受けながら、「差別する人間」たちとの闘争を開始されたのです。


 次元は違うが、「自分を低い所におく」ということで思い出すのは、パールバック女史の著書"【母よ嘆くなかれ】(伊藤隆二訳 法政大学出版局)です。知的障害として生まれた娘さんを抱えて、苦闘した軌跡を、ありのままに綴ったものです。どれほど心がずたずたになり、どれほど絶望と希望の間で心が揺れたことかー。


 ともあれ、パールバックさんは、「自分の娘からたくさんのことを学びました」と言う。


 「人はすべて人間として平等であるということ、また人はみな同じ人間として同じ権利をもっているということをはっきり教えてくれたのは、他ならぬ娘でした。・・・・もし、私がこのことを学ぶ機会を得られなかったならば、わたしはきっと自分より能力の低い人に我慢ができない、あの傲慢な態度をもちつづけていたに違いがありません」


 「娘はわたしに『自分を低くすること』を教えてくれたのです」


 【自分を低くすること】ー 素晴らしい言葉だ。
今は、「他人を低くすること」しか考えない世の中になっている。他人のあら捜しに狂奔(きょうほん)し、少しでも貶(おとし)めようと躍起(やっき)になっている。嫉妬社会です。


 彼女は、「自分を低くする指導者」でなければ人を幸福に導くことはできないと知った。


 永遠に「民衆の一人として」「民衆とともに」「民衆のために」生きるのです。その心を忘れて、将来、もしか自分は特別に皆より偉いと思うような指導者がでたら、皆で追放していきなさい。




日顕宗の "暴力の血脈"


 旧日本軍の陸海軍では、初年兵と呼ばれる新兵は、古参兵から『体罰』、殴られることにより古参兵、上官への絶対服従を体で覚えさせられた。毎日、殴られるばかりでノイローゼになり自ら命を絶った者もいた。


 日蓮正宗宗門内では、この旧日本軍顔負けの暴力が日常茶飯事だったという。
以下、日蓮正宗改革同盟の成田雄伴氏、土井雄育氏、山口雄在氏、石井信広氏の証言。



土井氏  「日顕は何か気にくわないことがあると、一瞬のうちに逆上し、見境ないなく     怒鳴り散らし、中啓(ちゅうけい、扇の一種)で自分の気のすむまで殴ってい      た。素手で殴ったり、足で蹴ることもある。」


石井氏  「相手が中堅以上の僧侶であっても、孫ほど離れた所化(しょけ)でもお構いな     し。あれは異常というほかない。」


成田氏  「だから誰が言い出したか知らないが、僧侶の間でも"瞬間湯沸かし器"とあだ     名されていた。」


石井氏  「自分で"中啓ミサイル"などと名付けて、得意げになっていた。」


土井氏  「海軍時代に、300人の兵隊を殴ったことを、得々と自慢していたことも
     あった。"50人くらいのところで、殴っている手が痛くなったんだが、途      中でやめられないので、最後まで殴ったんだ" と。」


山口氏  「得度して初めての丑寅勤行(うしとらごんぎょう)の時、私は日顕に声をかけ     られたら、"一生懸命修行して、立派な僧侶になります`" と決意を語ろう      と期待に胸を膨らませていた。ところが丑寅勤行が終わった後、大奥から戻っ     てきたとき、日顕のすぐ後ろにいた私は、振り返った日顕からいきなり中啓      で、理由もなく頭をパンパン叩かれた。」


土井氏  「所化に何かを尋ねる際に、日顕がよくやる習癖だ。」


山口氏  「日顕が "お前は誰だ?"というので、私は"山口雄在(やまぐちゆうざい)でご     ざいます" と答えた。すると日顕は激高し、"貴様は、山口雄存(やまぐちゆ     うぞん)だ" 私は全く意味がわからず、"いいえ、雄在(ゆうざい)でございま      す。"と言ったが、日顕は狂ったように、"何を! おまえは雄存(ゆうぞん)だ。わ     かったか! 雄存(ゆうぞん)だろ!" とまくしたて、何度も私の頭をなぐりつけ     たのです。」


土井氏   「最も厳粛な儀式であるべきご開扉の際も、日顕は直前まで坊主を殴るけ       るしていたな。」


石井氏   「そう、こんなこともあった。控え室で日顕が着替えをしていた。奥番とい      う世話係が、日顕の頭の上から袈裟をかけたとき、袈裟がちょっと頭をか       すった。その瞬間、日顕は "貴様! " といって、思い切り坊主を殴ってい      た」


山口氏   「息子の阿部信彰(あべしんしょう)も怒りだしたら止まらない。親譲りの"      湯沸かし器" だ。」


土井氏   「私は、信彰が住職をしていた大修寺(東京・府中市)で手伝いをしていたこ     とがあるが、信彰も怒るととことんまで殴り、蹴り続ける。」


成田氏   「大修寺の元従業員の目撃証言では、信彰が、ものすごい形相で所化を鼻血
      が出るまで殴り、法衣(ほうえ)にも血が飛び散っていたそうだ。」


土井氏  「私自身、信彰が寺に帰ってくると、胃が、本当にキリキリ傷んだ。わずか3     か月しかいなかったが、10キロ痩せた。」


山口   「渡辺雄範さんの話では、ある坊主は精神的に追い詰められ、信彰に怒鳴られ     ただけで鼻血を流していたこともあったそうだ。」


土井氏  「所化の間でも、"阿鼻叫喚(あびきょうかん)の大修寺"と恐れられていた。」


成田氏  「現法主、早瀬日如(はやせにちにょ)の凶暴性も有名だ。渡辺雄範さんは日      如が住職をしていた大願寺(東京・新宿区)に在勤していた。日如は所化に対し     て、往復ビンタ、ひざ蹴りを食らわせ続けていたのだという。」


石井氏  「大修寺同様、絶対に行きたくない所として、""地獄の大願寺""と呼ばれてい     た。」




自立的かつ開放的、大胆に行動する"海の男"


阪神 新庄剛志 敬遠球サヨナラ打


 テレビ番組しくじり先生(テレビ朝日系)で現在、バリ島で暮らしている元プロ野球選手でメジャーリーグでも活躍した新庄剛志氏が「先生」として登壇し、過去のしくじり体験を告白しているのをみて、その強靭な精神力に舌を巻いた。
 
 莫大な収入があった現役時代、信用して給料を預けていた人物がこの金に手をつけてしまい、稼いだ44億円(税金差し引いて22億円)が、なんと2千2百万円まで減ってしまっていた。たまに「22億あったらなぁ」と思うことはあるが、今では気持ちを切り替え「また稼ごう」と思っているのだとう。


 彼は、タイガース時代は敬遠球を強引に打ちサヨナラ勝ちを演出したり、日ハムに所属していたころは、試合を盛り上げるため、昔、阪神タイガースにいたころの自分のユニフォームをきてプレイしたり(監督にこっぴどく怒られたそう)、現役時代からとにかく型破りな人だった。FA宣言(フリーエージェント、他の球団に移籍したいという意思表示をすること)し、3球団からオファーを受けた時のエピソード。


 提示された契約金は、阪神12億円、横浜12億円、ヤクルト12億円。
しかし、それら3球団のオファーを蹴って、彼は契約金の一番低い(2200万円)
ニューヨークメッツへの移籍を決めた。


 本人いわく、「メジャーという、レベルの高いところでやりたい」
しかしこの時、


「お前みたいなのがメジャーにいくな」
「日本の恥だ」


などと、さんざん叩かれた。
ところが当の本人は、これが『ものすごく嬉しかった』らしい。


「もう、嬉しくて、嬉しくて」
「だって、そんだけ言われて活躍したとき、スゴイことになる、もっともっと言って」


 そうとうたくましいメンタルをもってないと、なかなかこういうふうには
とらえられない。彼は、ニューヨークにいっても"自分の軸"をぶれさせない。。


「俺が英語覚えるより、周りに日本語覚えさせたほうが早いな」


と思って、周りに日本語を覚えさせたのだという。
前記事『ずうずうしく図太くたくましく』でとりあげた、同じくメジャーで活躍した
野茂選手も通訳を雇い、あまり英語を勉強しなかったようだ。



 この何があっても「自分の軸」をぶれさせないメンタルの強さは、「非常に自立的かつ開放的、進歩的、大胆に行動する」、『海の男』の気質をもっているからだろう。新庄は長崎県対馬市の生まれで、野茂の両親は五島列島出身。その海の文化に対し、村の文化は「保守的、世間体を気にする、上には逆らわない、自分の意見をいわない、本音と建前を使い分ける」。
 
  同じ創価学会の組織でも、山側と海側ではカラーが全然違うらしい。
ちなみに大聖人、創価三代会長は海の文化の中で育っている。それついて於保先生(於保クリニック所長)は次のような見解を述べられている。



 「牧口先生は、荒浜の漁師町の生まれなんですね。海の文化の中で育っているんです。ですから、牧口先生は村の文化の発想ではないですね。戸田先生も北海道の漁村の厚田で育ちました。生まれは石川県の漁師町です。先祖は江戸時代、日本海航路で活躍した船頭さんだったそうです。まさに海の男の家系ですね。池田先生も海苔屋の息子さんです。こうして見ると、創価学会の歴代会長は、全部海の文化なんです。大聖人と非常にストレートにつながっているんです」



「非常に興味深いのは、私の先輩の創価大学の宮田教授が、牧口先生の研究をされております。牧口先生が、もし宗門と直接出会っていたらおそらく入信しなかっただろうと書いてありました。牧口先生は、創価教育学の土台となりうる宗教を求めていらっしゃった。自立的かつ論理的(ろんりてき)である宗教です。創価教育というのは、生徒を温かい心で見る、そして、人間の可能性を見る、そういう教育ですから、その土台となる宗教を探されたんです」



 「そして日蓮正宗に出会うんです。当時、堀米尊師(ほりごめそんし)が、中野の歓喜寮(かんきりょう)というお寺ではない出張所をつくられていたんです。この堀米尊師は、早稲田大学で哲学を勉強されていて、これからの仏教は、寺仏教ではもう何の貢献もできない。だから在家の人たちが活躍できる在家仏教、そういう宗教運動を起こしていかなければならないという危機意識で歓喜寮をつくられたんです」



 「その堀米尊師と牧口先生が出会ったものですから、いわゆる在家仏教運動と牧口先生の創価教育学とか丁度合致したわけです。そこから人間主義の宗教運動が始まったんです。しかし、宗門側からしてみれば、最初から創価学会は「生意気だ、信徒が大きな顔をするな」というのがあったわけです。これはまさに『村の文化』と『海の文化』の対立と言ってもいいでしょう」



 「狸祭り事件とか、今までにいろいろありましたが、全部根源は、このもともと違う文化の違いにあるんですね。いよいよ、そのことが明確になったのが、現在の宗門問題が起こってからの、今の創価学会と宗門の関係になっているわけなんです。そういう意味では、起こるべくして起こった事と私は思っています」