極悪と戦えば極善となる

 「破邪顕正」謗法呵責をメインに記事を綴っていきます。なお、コメント欄に初投稿する場合は、軽く自己紹介をするようにお願いします。管理人が非常識、悪質なコメントと判断した場合、削除させていただくこともありますのでご了承ください。

お寺の信心で魔は競い起こるのか

「さらば従来の日蓮正宗の信者の中に『誰か三障四魔競へる人あるや』と問はねばなるまい。そして魔が起らないで人を指導してゐるのは『悪道に人をつかはす獄卒』ではないか」
                            (牧口常三郎全集 第十巻)



学会が宗門と袂をわかつ前、私はお寺にいくのが割と好きだったので、


『組織につかず、お寺に言ってお坊さんの話を聞くだけの信心は楽そうでいいな』


と口にしたことがあった。それを聞いた父は、


「寺信心じゃ、いけん。寺は、やれ、選挙じゃぁ、会合に参加せえじゃあ、折伏しろじゃあ、言わんけえ、楽でええよな、と思うかもしれん。でも、楽な仏道修行なんてねえ。」


と私をたしなめた。この時の父の言葉の意味がわかるようになったのは、随分時間がたってからだった。



お寺で高等部員会の内容を打ち合わせをしていたある日、法華講員とおぼしきご婦人が、こんなことを言って声をかけてきたことがあった。


「あなたたち、そんなに頑張らなくていいのよ。人に勧めなくたって、自分がしっかり拝んでばいいの。学会の人たちは熱心すぎる」


学会を切る前の宗門は、何も言わなくても学会員がどんどん折伏してくれるから、末寺住職も法華講員にそんなに「折伏、折伏」と言わなくてよかったのではないか。折伏しなくてよくて、自分だけ題目をあげて御講を聞きにいくのが修行なら難も魔もおこらないだろうから、確かに楽だろう。しかし、成仏するのは生易しいことではない。『仏になる道は必ず身命をすつるほどの事のありてこそ仏になり候らめ』(佐渡御勘気抄 P891)とあるように、“”命がけ“”で仏道修行してこそ仏になれるのである。



現在の宗門は、創価新報によると2021年までに『法華講員80万人』という目標をかかげて、街頭折伏や外国人への勧誘にいそしんでいるようだが、果たして折伏行による魔や難が競いおこっているのだろうか・・・?



『此の法門を申すには必ず魔出来すべし魔競はずは正法と知るべからず』
                             (兄弟抄 P1087)





悪と戦うことは仏道修行の中の最重要

「邪正肩を並べ大小先を争はん時は万事を閣いて謗法を責むべし是れ折伏の修行なり、此の旨を知らずして摂折途に違はば得道は思もよらず悪道に堕つべしと云う事法華涅槃に定め置き天台妙楽の解釈にも分明なり是れ仏道修行の大事なるべし」
                       聖愚問答抄 P494



(邪と正が肩を並べてたち、大乗と小乗が争うときには、他のことを放っておいてでも謗法を責めなさい。これが折伏の修行である。このことを知らずに摂受と折伏を間違えれば成仏できず悪道におちてしまうという事は、法華経涅槃経で定められ、天台や妙楽の解釈にも分明である。これは仏道修行の大事なことである)



折伏行には自他の無明を打ち破っていく力があるからです。
勇気をもって戦った分だけ功徳があり、人間革命できるのです。


「御義口伝」には
「悪を滅するを功と云い善を生ずるを徳と云うなり」P762
とも仰せです。


勇気をもって自他の悪と戦っていくところにのみ、妙法の善なる力が現れてくる。
勇気ある戦いがなければ、偉大な功徳はありません。


偉大な人生を歩むためには、折伏が大切なのです。
                        御書の世界 第三巻より

而強毒之の故なり

「而強毒之」(にごうどくし)について調べてみた。


法華文句にある仏法用語で ""しか(而)もし(強)いてこ(之)れをどく(毒)す""と読み下し、
正法に背く者に対して、強いてこれを説いて毒心を起こさせること。


「而強毒之するは慈悲より起れり」御書P769



そうは言っても、相手が反発し「貪瞋癡の三毒をおこし、悪口罵詈する」ことがわかっていながら正法を説いていくのは、凡夫にとっては容易なことではないだろう。



折伏はしたいけど・・・相手がご近所さんであったり、職場が一緒であったり
毎日顔を合わせないといけない場合、何か事が起こると顔をあわせ辛くなる、また過去の複雑な人間関係等で、実際、言っていくのが厳しい場合もある。


そういう場合は、まず祈っていくしかないと思う。
祈った瞬間「因果倶時」で、自分の生命は変わる。


「とてもかくても法華経を強いて説き聞かすべし、信ぜん人は仏になるべし謗ぜん者は毒鼓の縁となつて仏になるべきなり」 
                     法華初心成仏抄 P552