極悪と戦えば極善となる

 「破邪顕正」謗法呵責をメインに記事を綴っていきます。なお、コメント欄に初投稿する場合は、軽く自己紹介をするようにお願いします。管理人が非常識、悪質なコメントと判断した場合、削除させていただくこともありますのでご了承ください。

一念 石をも貫く

『石に矢のたつ是れ又父のかたきと思いし至心の故なり』
                         P1245


(石に矢が立ったのは、李広(りこう)が父の敵と思っている心の故である)


虎に父を殺された(一説には母)李広将軍は、石を虎だと思って射たところ、その矢は貫通したため石虎将軍(せっこしょうぐん)といわれた。この逸話を通して、強き一念が不可能を可能にすることをご指南されている。