極悪と戦えば極善となる

 「破邪顕正」謗法呵責をメインに記事を綴っていきます。なお、コメント欄に初投稿する場合は、軽く自己紹介をするようにお願いします。管理人が非常識、悪質なコメントと判断した場合、削除させていただくこともありますのでご了承ください。

生命は一瞬で変わる

法華経題目抄には、『具足円満』『開く』『蘇生』の妙の三義が示されている。


『先ず妙法蓮華経の五字に一切の法を納むる事』P942


<具足円満の義>とは、法華経の題目に、この宇宙にある、あらゆる価値、功徳がおさ
まっているということ。




『妙と申す事は開と云うことなり』御書P943


<開く義>とは、妙法の蔵から条件に応じて新しい価値が開かれてくること。
その価値を開くカギが題目になる。




『妙とは蘇生の義なり蘇生と申すはよみがへる義なり』御書P947


<蘇生の義>とは、その功徳によって停滞していた者をよみがえらせること。



生命は一瞬で変わる。今までがどうであれ、今、この瞬間に決意して祈れば、必ず開いていけるのである。