極悪と戦えば極善となる

 「破邪顕正」謗法呵責をメインに記事を綴っていきます。なお、コメント欄に初投稿する場合は、軽く自己紹介をするようにお願いします。管理人が非常識、悪質なコメントと判断した場合、削除させていただくこともありますのでご了承ください。

原水爆禁止宣言60周年


1957/9/8 「原水爆禁止宣言」 戸田城聖


昭和32年 9月8日 横浜 三ツ沢競技場にて


【もし原水爆を、いずこの国であろうと、それが勝っても負けても、それを使用したものは、ことごとく死刑にすべきであるということを主張するものであります。なぜかならば、われわれ世界の民衆は、生存の権利をもっております。その権利をおびやかすものは、これ魔ものであり、サタンであり、怪物であります】


 戸田城聖は、まず、核兵器を、今世紀最大の「魔」の産物としてとらえた。
当時、原水爆禁止運動は、日本国内にあっても、大きな広がりをみせていたが、戸田城聖は、核兵器を「魔」の産物としてとらえ、「絶対悪」として、その存在自体を否定する思想の確立こそが急務であると考えたのである。


 戸田は、原水爆の使用者への死刑の執行を法制化することを訴えようとしたのではない。彼の眼目は、一言すれば、原水爆を使用し、人類の生存を奪うことは、「絶対悪」であると断ずる思想の確立にあった。


 彼は、「死刑」をあえて明言することによって、原水爆の使用を正当化しようとする心に、それを封ずる楔を打とうとしたのである。


           人間革命12巻 『宣言』より一部抜粋