極悪と戦えば極善となる

 「破邪顕正」謗法呵責をメインに記事を綴っていきます。なお、コメント欄に初投稿する場合は、軽く自己紹介をするようにお願いします。管理人が非常識、悪質なコメントと判断した場合、削除させていただくこともありますのでご了承ください。

邪心の人は淘汰されていく創価学会

以下 新人間革命 第2巻 勇舞より


 最初に支部婦人部長の候補にあがっていた地区担当員の周辺から、石山照代の人事に不満がでていることがわかった。しかも、その地区担当員は、表面では平静を装いながら、自分と親しいメンバーを扇動していて、石山を批判するように仕向けていることがわかった。あまりにも愚かしく、情けない話である。


 学会の役職は名誉職ではなく責任職である。会員への奉仕に徹し、広宣流布の責任を果たし切ることが最大の任務だ。したがって大きな責任をもつ立場になればなるほど、""自分""を捨てて、法のため、広布のため、同志のために尽くし抜こうとの決定した一念がなければその任を全うすることはできない。


 自分が支部の婦人部長になれないことで不満をいだき、陰で人を非難したりすること自体、広宣流布よりも""自分""が中心であることを裏づけている。それは、学会の幹部として不適格であることの証明といってよい。いかなる理由にせよ、広宣流布の使命に生きる同志を嫉妬し、恨み、憎む罪はあまりにも重い。


 -信心によって病を克服した体験をもつ婦人が、なぜ周囲をも巻き込み、団結を破壊しようとするのか。名聞名利と慢心に蝕まれていることは確かだが、どうしてそれに気がつかないのか。その一念の狂いは、何ゆえ生じたのか。


 日蓮大聖人は、『若し己心の外に法ありと思はば全く妙法にあらず』P383
と仰せである。つまり自分自身が一念三千の当体であり、幸福も不幸も、その原因は自己の生命にあると自覚することから仏法は始まる。しかし、周囲の人を嫉妬するというのは、自分の幸・不幸の原因を他人に見いだし、""己心の外""に法を求めているからにほかならない。


 そうした考えに陥れば、状況が変化するたびに一喜一憂し、困難や苦しみにあえば、周囲を恨み、憎むことになってしまう。そこには自分を見つめることも反省もない。ゆえに成長も人間革命もなく、結局は自分を不幸にしてしまうことになる。


 また組織の中心者や幹部といっても、人間である限り、長所もあれば短所もある。未熟な面が目立つこともあろう。問題は、そこで自分がどうするかだ。批判して終わるのか、助け、補うかである。中心者を陰で黙々と守り支えてこそ、異体同心の信心といえる。


 この時、組織を攪乱した婦人は、一時期は、先輩の指導によって立ち直り、幹部として活動していたが、後に夫妻で退転、反逆し、自ら学会を去っていった。邪心の人は淘汰され、離反していかざるをえないところに、仏法の厳しさと、学会の正義と清らかさの証明がある。