極悪と戦えば極善となる

 「破邪顕正」謗法呵責をメインに記事を綴っていきます。なお、コメント欄に初投稿する場合は、軽く自己紹介をするようにお願いします。管理人が非常識、悪質なコメントと判断した場合、削除させていただくこともありますのでご了承ください。

己心の仏界を開かせるための御本尊

 御本尊については、信仰の根幹にかかわる非常に大事なことなので、軽々しく論ずることはできないが、あえてここで「私見」を述べさせていただく。


 大聖人は、こう仰せである。


『此の御本尊全く余所(よそ)に求むる事なかれ・只我れ等衆生の法華経を持ちて南無妙法蓮華経と唱うる胸中の肉団におはしますなり』御書P1244


 御本尊を「余所(よそ)に求めてはならない」と。
我々の中に、偉大な生き方をされた大聖人と同じ『仏の生命』がある。
それに気づかせるために『曼荼羅(まんだら)』として御本尊をあらわされた。


 我々はよく「御本尊から功徳をいただく」といい方をするが、
正式には「唱題をすることにより、己心の仏界が開いて、自分が功徳を出して」いるのである。


 『南無妙法蓮華経と唱うる胸中の肉団』と仰られているように、御本尊は自分自身の中にある。だから、それを悟ったひとは他人や環境にふりまわされない""内道""の生き方ができる。


『夫れ浄土と云うも地獄と云うも外には候はず・ただ我れ等がむねの間にあり、これを悟るを仏といふ・これをさとるは法華経なり』御書P1504


 このように、幸不幸の原因は「自分自身」にある、と悟ることが仏である、と仰られている。これを『内道』という。


 それ故、一念三千の御本尊を外にみたら「外道」になるのである。
御本尊に『おすがり信仰』してはいけないといけないといわれる所以はここにある。
自分の中にも大聖人と同じ仏界が具わっている。
それを強く自覚して唱題することが大事である。


 大聖人が『人本尊』というれる所以は、法華経に説かれる通りに大難にあい、妙法をひろめていったからである。折伏をし、難にあっているか、魔が競いおこっているかどうかで、その人が如説修行の人か否かを判断することができる。


 牧口先生、戸田先生は法のために獄に入り、特高刑事に殴る蹴るの暴行を受けている。
在家の信者がこのような大難をうけているのに、この時、宗門は弾圧を恐れて創価教育学会信徒を除名処分にした。


 日蓮正宗の僧の中にも獄に入り、法に殉じて亡くなった「蓮城房」(れんじょうぼう)という僧侶がいたのだが、宗門は、なんと保身のためこの僧侶の僧籍を剥奪し、切り捨てたのである。宗門の「切り捨て」体質は今も昔も変わっていない。


 この殉教した蓮城房(れんじょうぼう)という僧侶は生前、学会弾圧事件について次のように語っている。


『在家だけが法難にあってこれはおかしいんだ。僧俗一致して法難にあうというんなら話は分かる』


 日蓮正宗宗門では、「学会が授与する御本尊は法主の「開眼(かいげん)がない」から功徳はない」などと喧伝(けんでん)しているが、他宗にみられる開眼のような特別な儀式が必要などと御書のどこにも書いていない。


 大聖人は真言密教と対比し「此の画木に魂魄(こんぱく)と申す神(たましい)を入るる事は法華経の力なり」P1145 と、開眼は法華経の力によるべきであると記されている。


 大御本尊を信徒支配の道具にした宗門は、「法主にのみ御本尊に関する権能(けんのう)がある」などと述べているが、法水(ほっすい)といっても、我々は「広宣流布への信心」によって御本仏日蓮大聖人から直接法水を受けているのである。信心のひとかけらもない法主から法水を受けているのではない。