極悪と戦えば極善となる

 「破邪顕正」謗法呵責をメインに記事を綴っていきます。なお、コメント欄に初投稿する場合は、軽く自己紹介をするようにお願いします。管理人が非常識、悪質なコメントと判断した場合、削除させていただくこともありますのでご了承ください。

学会に評論家はいらない

新人間革命 第18巻 獅子吼の章


 伸一が最も粘り強く指導・激励を重ねたのは、愚痴や文句の多いメンバー(聖教新聞社勤務の職員) に対してであった。彼は、そうした記者の意見をすべて聞いたうえで、諄々と訴えた。


 「もし、学会に批判があるなら、ただ文句を言っているのではなく、君が自分で、理想的な学会をつくっていくことだ。私もそうしてきた。自分は傍観者(ぼうかんしゃ)となり、ただ批判をしているだけでは、破壊ではないか。主体者となって立ち上がろうとしなければ、自分の成長も広宣流布の建設もない。同じ一生ならば、傍観者として生きるのではなく、広宣流布のために、学会と運命をともにしようと心を定め、力の限り戦い抜くことだ」


 また、仲間同士で集まって酒を飲んでは、先輩幹部の批判ばかりしている、二、三人の記者がいた。彼らは大物ぶっていたが、付和雷同(ふわらいどう)的な傾向があり、自分を見つめる姿勢に欠けていた。


 ゲーテは断言する。


""きみが誰とつきあっているか、言いたまえ。そうすれば、君がどのような人間であるかを言ってあげよう""


 「批判は簡単だ。では、自分に何ができるのだ。真剣に自分を磨くことを忘れてはいけない。不平不満は自分を惨めにするだけだよ」


 文句ばかり言っていた記者も、自分の言動を恥じ、学会を担う誇りに燃え、果敢に学会活動にも励むようになった。


 なかには、伸一が真心を尽くして、指導、激励を重ねても、学会を見下し、広宣流布を忘れ、批判を繰り返す者もいた。しかし、やがて彼らは、誰からも相手にされなくなり、皆、自分から職員をやめていった。清らかな信仰の世界では、悪心の者は、その醜悪なる
正体が明らかになり、出ていかざるをえないのである。


 広宣流布をめざす清浄無比(せいじょうむひ)なる異体同心の連帯が聖教であり、本部である。ゆえに、悪を絶対に許してはならない。


 「悪人は叩き出すのだ! そうでなければ学会が蝕まれてしまう」


 それが戸田城聖の叫びであった。