極悪と戦えば極善となる

 「破邪顕正」謗法呵責をメインに記事を綴っていきます。なお、コメント欄に初投稿する場合は、軽く自己紹介をするようにお願いします。管理人が非常識、悪質なコメントと判断した場合、削除させていただくこともありますのでご了承ください。

退転・反逆者の共通点

今まで自分が見聞きしてきた、退転し反逆していった人の共通項を述べさせていただく。


① 勤行唱題をサボる
② 自分自身を謙虚に見つめようとしない
③ 幹部や同志の批判ばかりする
④ ""自分は特別"" 等の思い上がりがある
⑤ 退転、反逆者等に同調し、破折もしないで「詐(いつわ)り親し」んでいる
⑥ 組織から打ち出しがでても、色々と理屈をこねてやらない


この中でも、特に⑤は要注意であろう。
退転、反逆者の生命に""感応""しているからである。


日蓮大聖人は、明確にこう仰せである。


【若し善比丘(ぜんびく)あつて法を壊(や)ぶる者をみて置いて呵責(かしゃく)し駆遣(くけん)し拳処(こしょ)せずんば当(まさ)に知るべし͡是の人は仏法の中の怨(あだ)なり】御書P26


(もし仏法者が、仏法を破壊する者を見ておきながら、そのまま放置して、相手の非を厳しく責めず、追放もせず、はっきり罪を挙(あ)げて処断しないのであれば、まさにこの仏法者は仏法の中の怨敵(おんてき)であると、知るべきである)


【万事を閣(さしお)いて謗法(ほうぼう)を責むべし】御書P494


(他のことを放っておいても、謗法を責めなさい)


【いかなる大善をつくり法華経を千万部読み書写し一念三千の観道(かんどう)を得たる人なりとも法華経の敵(かたき)をだにも・せ(責)めざれば得道(とくどう)ありがたし】
御書P1494


(どんなに大善をつくり、法華経を千万部読み、書写し、一念三千の観心の道を得た人であっても、法華経の敵を責めなければ成仏できない)


謗法を見て、破折もしないで詐(いつわ)り親しむならば、自身が「仏法中怨」、仏法の中の怨(あだ)になり、どんなに仏道修行に励み善根を積んでも、法華経の敵を責めなければ成仏できないと、厳しく指南されている。