極悪と戦えば極善となる

 「破邪顕正」謗法呵責をメインに記事を綴っていきます。なお、コメント欄に初投稿する場合は、軽く自己紹介をするようにお願いします。管理人が非常識、悪質なコメントと判断した場合、削除させていただくこともありますのでご了承ください。

あなたは負けじ魂の人である

 第26回 本部幹部会 2003年 3月 池田先生のスピーチより


四条金吾は、様々な苦難と戦ったんです
それを大聖人は信頼しているんです


職場では 正しき信心の故に左遷(させん)ばかり
領地は没収 同僚からは いつも批判 意地悪


坊主どもの 共謀によって 事実無根の罪を 
たくさん作られる それで苦しむ


頼るべき家族にあっても 兄弟がみんな仲が悪いんです
中でも兄は あからさまに四条金吾を憎み 苦しめ いじめるんです


全部兄弟が信心しているとは 限らないんです
四条金吾をみれば わかる 大聖人の時代でも
四条金吾 一人なんです
あと 兄弟 親戚 全部反対です
それでいいんだ そこから始まるんです


それで四条金吾の最初の妻 死んじゃうんです
かわいい娘は重病 たいへんな重病だったんだ 治らない
誰でも人生は 何らかで大変なんです


だから 「煩悩即菩提だよ」って 誰でもそうなんだ
「宿命転換だからするんだよ」って
「そのための仏法だよ 勇気を出せよ」
これが大聖人の叫びです


あるとき さすがの四条金吾も ついに周囲に 愚痴をこぼすことになる
あの 剛毅な 絶対愚痴をこぼさないような 勇敢な 四条金吾が
金吾が それは 45歳のとき


「法華経をたもつ者は現世安穏と説かれているのに、どうして自分にこのように大難が雨のように降りかかってくるのでしょうか」


""大聖人、ウソつきじゃないですか、あなたは""


こうなっちゃったんだよ


それを聞いた 大聖人は 即座に励ましの激励をする


受くるは やすく 持(たも)つは かたし さる間 成仏は 持つにあり
此の経を 持たん人は 難に値(あ)うべしと 心得て 持つなり


そう覚悟して いきなさい 
難と戦いなさい 仏になる


「四条金吾 いいか 臆病であっては 日蓮の弟子ではない」
「妙法を謗る者がいれば いよいよ強く訴えろ」


折伏しなさい 妙法をそしる者には いよいよ強くいいなさい


じゃんじゃんやられれば 臆病になるよ
で、あるけれども 本当の偉い自分をつくるには 人間をつくるには こうだろうね
大聖人の仰せに 間違いはない 四条金吾は それを受けて
大聖人に敵対する奴ら 坊主 権力者 その日から 勇敢に 恐れなく
正義を叫び続けて 死んでいったんです


今もって四条金吾の名は 光っている
だから 「師匠の一念」と弟子の「我が一念」が融合し
一致した弟子は 偉いんです


それが牧口先生と戸田先生 戸田先生と私だったんです
その方程式 仏法の真髄の 方程式なんです


師子の「師」とは師匠 「子」は弟子 
それが『師子』です
両方が師子なんだ ライオンなんです


御義口伝に 「師子吼(ししく)せよ」 「師弟が同じ心で吼(ほ)えよ」


師子吼しよう!


大聖人は 四条金吾のことを こう言っている


""負けじ魂の人である""
""あなたは負けじ魂を持っている""


仕事に勝ち 社会に勝ち 人生に勝ち 一切に勝ちゆく
負けじ魂が 学会魂であると ""われわれの信念""であると


今日はお互いに これを確認しあいましょう!