極悪と戦えば極善となる

 「破邪顕正」謗法呵責をメインに記事を綴っていきます。なお、コメント欄に初投稿する場合は、軽く自己紹介をするようにお願いします。管理人が非常識、悪質なコメントと判断した場合、削除させていただくこともありますのでご了承ください。

自立的かつ開放的、大胆に行動する"海の男"


阪神 新庄剛志 敬遠球サヨナラ打


 テレビ番組しくじり先生(テレビ朝日系)で現在、バリ島で暮らしている元プロ野球選手でメジャーリーグでも活躍した新庄剛志氏が「先生」として登壇し、過去のしくじり体験を告白しているのをみて、その強靭な精神力に舌を巻いた。
 
 莫大な収入があった現役時代、信用して給料を預けていた人物がこの金に手をつけてしまい、稼いだ44億円(税金差し引いて22億円)が、なんと2千2百万円まで減ってしまっていた。たまに「22億あったらなぁ」と思うことはあるが、今では気持ちを切り替え「また稼ごう」と思っているのだとう。


 彼は、タイガース時代は敬遠球を強引に打ちサヨナラ勝ちを演出したり、日ハムに所属していたころは、試合を盛り上げるため、昔、阪神タイガースにいたころの自分のユニフォームをきてプレイしたり(監督にこっぴどく怒られたそう)、現役時代からとにかく型破りな人だった。FA宣言(フリーエージェント、他の球団に移籍したいという意思表示をすること)し、3球団からオファーを受けた時のエピソード。


 提示された契約金は、阪神12億円、横浜12億円、ヤクルト12億円。
しかし、それら3球団のオファーを蹴って、彼は契約金の一番低い(2200万円)
ニューヨークメッツへの移籍を決めた。


 本人いわく、「メジャーという、レベルの高いところでやりたい」
しかしこの時、


「お前みたいなのがメジャーにいくな」
「日本の恥だ」


などと、さんざん叩かれた。
ところが当の本人は、これが『ものすごく嬉しかった』らしい。


「もう、嬉しくて、嬉しくて」
「だって、そんだけ言われて活躍したとき、スゴイことになる、もっともっと言って」


 そうとうたくましいメンタルをもってないと、なかなかこういうふうには
とらえられない。彼は、ニューヨークにいっても"自分の軸"をぶれさせない。。


「俺が英語覚えるより、周りに日本語覚えさせたほうが早いな」


と思って、周りに日本語を覚えさせたのだという。
前記事『ずうずうしく図太くたくましく』でとりあげた、同じくメジャーで活躍した
野茂選手も通訳を雇い、あまり英語を勉強しなかったようだ。



 この何があっても「自分の軸」をぶれさせないメンタルの強さは、「非常に自立的かつ開放的、進歩的、大胆に行動する」、『海の男』の気質をもっているからだろう。新庄は長崎県対馬市の生まれで、野茂の両親は五島列島出身。その海の文化に対し、村の文化は「保守的、世間体を気にする、上には逆らわない、自分の意見をいわない、本音と建前を使い分ける」。
 
  同じ創価学会の組織でも、山側と海側ではカラーが全然違うらしい。
ちなみに大聖人、創価三代会長は海の文化の中で育っている。それついて於保先生(於保クリニック所長)は次のような見解を述べられている。



 「牧口先生は、荒浜の漁師町の生まれなんですね。海の文化の中で育っているんです。ですから、牧口先生は村の文化の発想ではないですね。戸田先生も北海道の漁村の厚田で育ちました。生まれは石川県の漁師町です。先祖は江戸時代、日本海航路で活躍した船頭さんだったそうです。まさに海の男の家系ですね。池田先生も海苔屋の息子さんです。こうして見ると、創価学会の歴代会長は、全部海の文化なんです。大聖人と非常にストレートにつながっているんです」



「非常に興味深いのは、私の先輩の創価大学の宮田教授が、牧口先生の研究をされております。牧口先生が、もし宗門と直接出会っていたらおそらく入信しなかっただろうと書いてありました。牧口先生は、創価教育学の土台となりうる宗教を求めていらっしゃった。自立的かつ論理的(ろんりてき)である宗教です。創価教育というのは、生徒を温かい心で見る、そして、人間の可能性を見る、そういう教育ですから、その土台となる宗教を探されたんです」



 「そして日蓮正宗に出会うんです。当時、堀米尊師(ほりごめそんし)が、中野の歓喜寮(かんきりょう)というお寺ではない出張所をつくられていたんです。この堀米尊師は、早稲田大学で哲学を勉強されていて、これからの仏教は、寺仏教ではもう何の貢献もできない。だから在家の人たちが活躍できる在家仏教、そういう宗教運動を起こしていかなければならないという危機意識で歓喜寮をつくられたんです」



 「その堀米尊師と牧口先生が出会ったものですから、いわゆる在家仏教運動と牧口先生の創価教育学とか丁度合致したわけです。そこから人間主義の宗教運動が始まったんです。しかし、宗門側からしてみれば、最初から創価学会は「生意気だ、信徒が大きな顔をするな」というのがあったわけです。これはまさに『村の文化』と『海の文化』の対立と言ってもいいでしょう」



 「狸祭り事件とか、今までにいろいろありましたが、全部根源は、このもともと違う文化の違いにあるんですね。いよいよ、そのことが明確になったのが、現在の宗門問題が起こってからの、今の創価学会と宗門の関係になっているわけなんです。そういう意味では、起こるべくして起こった事と私は思っています」