極悪と戦えば極善となる

 「破邪顕正」謗法呵責をメインに記事を綴っていきます。なお、コメント欄に初投稿する場合は、軽く自己紹介をするようにお願いします。管理人が非常識、悪質なコメントと判断した場合、削除させていただくこともありますのでご了承ください。

法華経の敵(かたき)を責めよ

【どんなに大善をつくり、法華経を千万部読み、書写し、一念三千の観心の道を得た人であっても、法華経の敵を責めなければ、成仏できない】 御書P1494




 これは、末法今時における天台仏法の修行を破折された御文であるが、私どもの信心のあり方をも示されている。日々、仏道修行に励み、多くの善根を積んでいるという人がいる。また、教学の研鑽に励み、仏法のことは深く知っているという人もいるかもしれない。しかし、いくら善根を積み、仏法を深く極めているといっても、正法正義(しょうほうしょうぎ)を破壊する敵と戦わなければ、すべて無意味なものとなる、成仏は絶対にできない、との厳しき仰せなのである。



【悪鬼とは、邪義を弘めた法然や弘法らのことである。其の身に入るとは、国王・大臣という権力者や万民などの身に入ることである。今、日蓮とその門下の南無妙法蓮華経と唱える者を、悪鬼が入った彼らが必ず恨み迫害するということである】P749



 今も、この仰せのとおり、『悪鬼入其身(あっきにゅうごしん)』の者が、広宣流布を破壊しようとしている。戦わねばならない。この悪人と戦わなければ、知らず知らずのうちに自分も、『その身に入ろう』とする悪鬼の影響を受けてしまう。油断してはならない。
仏法は厳しい。悪鬼に完全に打ち勝たねば、結局は、自分が悪鬼の眷属(けんぞく)になっ
てしまうのである。



 日蓮大聖人は「鬼とは命を奪う者で、奪功徳者(だつくどくしゃ)というのである」と。



 日顕宗とその一派は『奪命者(だつみょうしゃ)』であり、『奪功徳者』なのである。地湧の菩薩の生命力を奪い(奪命者)、功徳を奪おうとする(奪功徳者)。彼らと妥協したぶんだけ、功徳と生命力を奪われる。彼らと戦ったぶんだけ、生命力と功徳が、いや増す。


   (輝きの人間世紀へー御書とその心 池田大作 ""悪との戦い""より)