極悪と戦えば極善となる

 「破邪顕正」謗法呵責をメインに記事を綴っていきます。なお、コメント欄に初投稿する場合は、軽く自己紹介をするようにお願いします。管理人が非常識、悪質なコメントと判断した場合、削除させていただくこともありますのでご了承ください。

わたしの後悔 K兄ちゃんのこと

私には、K兄ちゃんという、知り合いがいる。
年は私よりだいぶ上で、小さいころはよく遊んでもらった。
温厚で優しい人で、怒ったのをみたことがなかった。



兄ちゃんは男子部で頑張っていた。私の実家が大変なとき、真っ先に激励にきてくれ、そして祈り続けてくれた。でも・・・。


その兄ちゃんが、ある日突然、おかしくなった。
実は兄ちゃんは、ずっと自分の母親のことをものすごく恨んでいた。
その恨みようは凄まじく、育ててくれて、信心を教えてくれた母親を家から追い出そうとしていた。私は、法華経の行者を苦しめた人が受けた仏罰の恐ろしさを見てきたから、恩ある兄ちゃんにそんな思いをしてほしくなかった。でも結局、いろいろ考えすぎて何も言えなかった。



あれこれ考えているうちに、兄ちゃんは本当に母親を家から追い出してしまった。
これには、本当に驚いた。まさか、本当に実行するとは・・・!


それから兄ちゃんは、精神に異常をきたした。
そして、兄ちゃんが一番大切にしていたものを失った。


私は、仏法の因果の厳しさをみたと同時に激しい後悔の念にかられた・・・・。
(あのとき、勇気をだして「恩知らずな行為はやめなさい!」と言っていたら・・・厳しく破折していたら・・・兄ちゃんはあそこまで苦しむことはなかったかもしれない・・・。) この時の後悔が、自分の謗法呵責の原点になっている。


『慈無くして 詐(いつわ)り親しむは 即ち是れ 彼が怨(あだ)なり』(御書P237)


相手を思う慈悲の心がなくて、自分が嫌われるのを恐れ、正しいと思うことも言わず、その人と「詐(いつわ)り親しむ」ことは、それはその相手にとってかえって害をなすものである。


『彼が為に 悪を除くは 即ち是れ 彼が親』(御書P237)


彼のために悪を除(のぞ)いてやるのが、彼の真の親である。


大聖人の折伏行、謗法呵責の精神は『親心』、人々を救っていこうとの大慈悲に基づくものである。


自分が正しいと思うことは、勇気を出して語っていく。これが本当の友情である。
その時は、反発され嫌われるかもしれない。恨まれるかもしれない。しかし、いつか必ずその人から感謝されるときがくる。戸田先生は""折伏すれば信用が残るよ""と仰られた。