極悪と戦えば極善となる

 「破邪顕正」謗法呵責をメインに記事を綴っていきます。なお、コメント欄に初投稿する場合は、軽く自己紹介をするようにお願いします。管理人が非常識、悪質なコメントと判断した場合、削除させていただくこともありますのでご了承ください。

悪を打ち破ってこそ"善悪不二"

『悪を、おとなしく受け入れる者は、悪を助ける者と同じく悪に加担することになる。悪に抵抗しない者は、悪に協力したことになるのだ』
   
                       (マーチンL・キング)


『善に背(そむ)くを悪と云い悪に背くを善と云う』御書P563



 仏法は十界互具であり、
釈尊の己心にも提婆達多の生命がそなわっていて、極悪の提婆にも仏の生命がある、とみる。法華経提婆達多品には『悪人成仏』が説かれている。


 悪人にも『仏の生命』があるのに、""そこまで責める必要があるのか?""という疑問をもっている学会員の方は多い。かつての自分がそうであったように。


 この点については、池田先生はこのように明確にご指導されている。


【仏法は勝負です。限りなき闘争です。釈尊が提婆達多に勝ったからこそ、提婆の「悪」が釈尊の「善」を証明することになった。悪に負けてしまえば、提婆が善知識であったとは、とても言えない。】




【悪もまた善を顕す働きをするのであれば、悪の全体がそのまま善になります。まさに善悪不二です。しかし、自然に放置していて、悪が善になるのではない。悪と戦い、完膚(かんぷ)なきまでに打ち勝って、はじめて善悪不ニになるのです】



【その意味で、提婆品の「悪人成仏」とは、釈尊による「善の勝利」の偉大な証明です。勝利宣言です。その「勝者」の境涯の高みに立ってはじめて、提婆が過去の善知識であり、自分の師匠であって、今世で自分の化導を助けてくれたのだと言えるのです】



【成仏するには「内なる悪」に勝利しきらなければならない。そのためには具体的には「外なる悪」と戦い、勝たねばならない。悪と戦うことによって、生命が鍛えられ、浄められ、成仏するのです。極悪と戦うから、極善になるのです。自分の生命をきたえ、成仏させてくれるという本質論から見たときには、その極悪も師匠とさえ言えるのです】
                   (法華経の智慧 第三巻 悪人成仏より)


善悪不二(ぜんあくふに)、邪正一如(じゃしょういちにょ)など、この仏法用語の意味をはき違えて「善も悪も、正も邪も肯定」しているひとがいる。しかし、これだとやりたい放題、言いたい放題の悪人をのさばらせてしまう。


女子部の先輩から
『池田先生が週刊誌などで叩かれていることについてどう思うか?』
と聞かれたことがある。


私は、つい、
「よくわからない」
と答えてしまった。


先輩は、目に涙をためて「情けない」と言い、


「もし自分の実の父親が週刊誌に根も葉もないことを書かれたらどうする? 怒って反 論していくでしょう。」


この時は正直、なんでここまで怒られるのかよくわからず、(先輩、こわーい)と思っていた。でも、今では気持ちが痛いほど理解できる。自分の成長を願い、叱ってくれたこの先輩には感謝している。