極悪と戦えば極善となる

 「破邪顕正」謗法呵責をメインに記事を綴っていきます。なお、コメント欄に初投稿する場合は、軽く自己紹介をするようにお願いします。管理人が非常識、悪質なコメントと判断した場合、削除させていただくこともありますのでご了承ください。

日蓮正宗の戦争協力と謗法の数々

 戦時中、軍部政府を恐れて御書を削除し、戦争協力した日蓮正宗宗門。


昭和16年8月、第62世 鈴木日恭(すずきにっきょう)法主は勤行のご観念文の変更を知らせる「院達」をだした。天皇と国家神道を讃嘆(さんたん)する内容に書き換え、さらに""現今の社会情勢では、大聖人の尊王護国(そんのうごこく)の精神が誤解される""と、御書全集の発刊も禁止し、14ケ所の御文も削除した。


 昭和17年10月には、伊勢神宮(いせじんぐう)への遥拝(ようはい)を全末寺に徹底。


昭和18年5月、「神札不敬」で牧口先生が中野警察署で取り調べをうけるのをみて、弾圧が自分たちにも及ぶことを恐れた宗門中枢は、牧口先生、戸田先生以下7人の幹部を本山によびだし、神札を受けるようにせまった。


『承服いたしかねます。神札は絶対に受けません』


 牧口先生は、同年7月6日、折伏のため訪れていた伊豆下田で逮捕、殉教の道を選ぶ。


 一方、在家の者が法難にあい入獄しているというのに、宗門は保身というレベルを超えて、戦争協力へと暴走していく。
 


『静岡新聞』は、「宗教参戦に邁進の大石寺」「総本山大石寺 寺院道場を開放」「宗教家も戦列へ 大石寺一門の逞しい奮闘」などの見出しで、宗門の積極的な戦争協力を報じている。当時の宗門機関紙『大日蓮』には、宗内行事で戦勝祈願を行い、僧俗を戦争にかりたててていった様子が報じられている。


  しかし、仏法は誠に厳しい。御書の発刊を禁止、御文を削除し、神社への遥拝を進め、創価教育学会の信徒を除名にし、そのうえ正宗の僧でたった1人入獄し、殉教した藤本連城房の僧籍も剥奪(はくだつ)した、62世法主・鈴木日恭は、悲惨この上ない末路を迎えた。


 昭和20年6月17日、午後10時30分ごろ、大石寺の対面所裏より出火、対面所、客殿、大奥、六壺などが焼け、翌18日の4時まで燃え盛った。焼け跡から、日恭の焼死体がみつかる。無残なことに、下半身と腸は焼けず、上半身だけ黒こげになっていた。
峻厳な因果の理法からは、誰人たりとも逃れられない。