極悪と戦えば極善となる

 「破邪顕正」謗法呵責をメインに記事を綴っていきます。なお、コメント欄に初投稿する場合は、軽く自己紹介をするようにお願いします。管理人が非常識、悪質なコメントと判断した場合、削除させていただくこともありますのでご了承ください。

如来滅後五五百歳始観心本尊抄②

『観心本尊抄』で大聖人は、前半に本尊の話はせず、天台の摩訶止観(まかしかん)に説かれている「一念三千の法門」をひいて、


""あなたの心の中に仏界(九界)がある""


 ことを繰り返し強調されている。


 最初に本尊の話をすると祈ったら""功徳が御本尊からくる""という
""おすがり信仰""なってしまう恐れがり、


 前半=観心 後半=本尊 


の流れになったのはそのためで、一念三千の御本尊は、自身の仏界をうつす『明鏡』として、自分の中から""仏界""とり出だしてほしい。
そのため、あえて前半部分では、一念三千の法門は、天台の究極の教えだということを繰り返し述べられたと考えられる。


 大聖人はこの「観心本尊抄」で、法華経方便品第二に説かれる文をとりあげ、
仏の【唯一大事因縁(ゆいいちだいじいんねん)】(仏がこの世にあらわれた目的)は、
【衆生をして仏知見を開かしめんと欲す】(衆生の中にある仏界を開かす)ことである、と述べられている。


 普段、我々が使っている「大事」という言葉は、もともと仏教用語で、
この法華経方便品に由来する。



 ""一切衆生のなかの眠っている仏性を開かせたい""


 これが仏の願いなのである。


 従って、日顕のように大御本尊を盾にとって、折伏弘教にまい進している信徒を苦しめるような仏はいない。自らを""生身の釈迦日蓮""などといっているが、釈尊や日蓮大聖人にはほど遠い""滅後の魔仏""であり、そのお先棒をかついで学会攻撃している連中は魔仏の軍門となっているのである。