極悪と戦えば極善となる

 「破邪顕正」謗法呵責をメインに記事を綴っていきます。なお、コメント欄に初投稿する場合は、軽く自己紹介をするようにお願いします。管理人が非常識、悪質なコメントと判断した場合、削除させていただくこともありますのでご了承ください。

戸田先生の坊主破折語録

S21・11 価値創造
 【牧口先生の法難に驚いて先生を悪口した坊主共よ。法を捨て先生を捨てたる意気地なし共よ。懺悔滅罪せんと欲すれば我等が会に来って先生の遺風を仰ぎ仏の御訓に随順すべきである】 


S26・7・10
【軍部に踊らされて梵鐘を取り上げられ、軍部が消えたら又作り出す。奥さんの前ではヘイヘイして、居なくなればつまみ食いする女中のような坊主だ】


【日興上人の遺誡置文を守っておられる方は御坊様、守らん僧侶は坊主、邪宗の僧は高等乞食というんだ、よく覚えておけ】



S26・5・10 寸鉄
【折伏もしないで折伏する信者にケチをつける坊主は糞坊主だ】
【尊敬される資格もないくせして大聖人の御袖にかくれて尊敬されたがっている坊主は狐坊主だ】
【お布施ばかり欲しがる坊主は乞食坊主だ】
【神本仏迹論なんていう坊主は化物(ばけもの)坊主である】


S26・7・1
【化物(ばけもの)坊主と寸鉄居士の大喝でおこった坊主がおるげな。寸鉄居士その坊主を呼んで曰く""第六天坊主""と】




 神本仏迹論の邪義を唱えた小笠原慈聞を破折、牧口先生の墓前で謝らせたことで「謝罪文の提出」「法華講大講頭の罷免」「登山停止」の宗門の処分対して、



S27・7・10 寸鉄
 【三類の悪人の仕業の中に『遠離塔寺』と言って寺から追い出すやり方がある。悪人共がさ。さて、我等が会長に折伏の大将としての一代名誉を贈ったのさ、『遠離塔寺』という仏様の勲章なんだ】