極悪と戦えば極善となる

 「破邪顕正」謗法呵責をメインに記事を綴っていきます。なお、コメント欄に初投稿する場合は、軽く自己紹介をするようにお願いします。管理人が非常識、悪質なコメントと判断した場合、削除させていただくこともありますのでご了承ください。

怨嫉の戒め再び

松野殿御返事 P1381


『但し聖人の唱えさせ給う題目の功徳と我れ等が唱へ申す題目の功徳と何程(いかほど)の多少候べきやと云々』


(聖人が唱えられる題目と、我われ凡夫が唱える題目と、どんな違いがあるのでしょか)


『勝劣あるべからず候』


(聖人の題目と、われわれ凡夫の題目に差はなく、功徳も同じである)


それは、愚者の持っている金も、智者のもっている金も、愚者の灯せる火も、智者の灯している火も差別はないからと大聖人は仰せである。


『但し法華経の心に背いて唱へば其の差別有るべきなり』


(しかし、法華経の心に背いて題目を唱えれば違いがある)


次に十四誹謗(じゅうしひぼう)をあげられ、これらは「法華経の心に背く」ことになると指摘される。


驕慢(きょうまん)、懈怠(けたい)、計我(けいが)、浅識(せんしき)、著欲(ちゃくよく)、不解(ふげ)、不信(ふしん)、顰蹙(ひんしゅく)、疑惑(ぎわく)、誹謗(ひぼう)、軽善(きょうぜん)、憎善(ぞうぜん)、嫉善(しつぜん)、恨善(こんぜん)


 これらが悪の因である十四誹謗にあたるが、この中で怨嫉にあたるのが、次の
軽善、憎善、嫉善、恨善の四つである。


軽善・・同志を軽蔑すること
憎善・・同志を憎むこと
嫉善・・同志に嫉妬すること
恨善・・同志を恨むこと


 池田先生は、この怨嫉について以下のように御指導されている。
              


【懸命に、これほど信心しているのに、功徳が感じられないという場合があるかもしれない。そのときは、この四つの誹謗がないかどうかを、自分に問うてみていただたい。軽善、憎善、嫉善、恨善の人は、自分で自分の功徳を消してしまうからである】



【もちろん、同志に対しても、言うべきことをきちんと言っていくことは自由であるし、当然、必要なことである。しかし、相手のことを思って厳しく言うことと、憎しみの心や恨みの言葉は同じではない。その点はよくよく見極めていかねばならない。御本尊のもとに集い、広宣流布に進んでいる私どもは、すべてが仏子であり、妙法の家族である】


                   (輝きの人間世紀へー御書とその心 池田大作)