極悪と戦えば極善となる

 「破邪顕正」謗法呵責をメインに記事を綴っていきます。なお、コメント欄に初投稿する場合は、軽く自己紹介をするようにお願いします。管理人が非常識、悪質なコメントと判断した場合、削除させていただくこともありますのでご了承ください。

第六天の魔王が率いる十軍

以下、新・人間革命 第27巻 激闘より 池田先生の御指導を一部抜粋
                 


この第六天の魔王とは何か。
人びとの成仏を妨げる魔の働きの根源をなすものです。
魔王という固有の存在がいるのではなく、人びとの己心に具わった生命の働きです。


 では、魔軍の棟梁である第六天の魔王が率いる十軍とは何か。


第一の欲とは、自分の欲望に振り回されて、信心が破られていくことです。
第二と憂愁(うしゅう)は、心配や悲しみに心が奪われ、信心に励めない状態です
第三の飢渇(けかち)は、飢えと渇きで食べるものも飲むものもなくて、何もできないこと     です。学会活動しようにも、空腹で体を動かす気力もない。だから""とても仏     道修行などできない。やめてしまおう""という心の働きでしょう。



第四の渇愛(かつあい)は、強い喉の渇きを覚え、ひたすら水を求めるような貪りの心で      す。頭ではわかっていても、抑えることのできない自分の執着に突き動かされ     てしまう。そして、結局は信心を捨ててしまう。
第五の睡眠(すいめん)は、睡魔のことです。たとえば、""唱題しよう""""御書を学ぼう""と     すると眠気が襲ってくる方もいると思います。釈尊も悟りを得るまでのなかで
     この睡魔と懸命に戦っています。
第六の怖畏(ふい)は、恐れることです。信心することによって、周囲の人から奇異な目で     見られたり、仲間外れにされるかもしれない。時には、牧口先生のように、迫     害され、命に及ぶこともあるかもしれない。そうなることを恐れ、学会から離     れたり、信心を後退させてしまうことがこれにあたります。



第七の疑悔(ぎげ)は、疑いや後悔です。せっかく信心することができたのに、御本尊を疑     い、学会を疑い、難が競い起これば""信心などしなければよかった""と悔や      む。
第八の瞋恚(しんに)とは、怒りの心です。「折伏をしましょう」と指導されると、"よけ     いなお世話だ""と憤り、怨嫉してしまう。また、学会の先輩が本人のためを
     思い、御書に照らして信心の誤りを指摘すると、腹を立て、恨む。そういう
     心の作用です。


 たとえば、いい加減で周囲に迷惑ばかりかけている、問題の多い先輩幹部がいたとする。その姿を見て憤りを感じる。それは当然です。しかし、ともすると、"だから私は学会活動をやらない。会合にもでない" ということになってしまう。それが瞋恚という魔にやられた姿なんです。自分が人間革命を一生懸命目指して仏道修行していくことと、先輩幹部がだらしないこととは、本来、別の問題です。それを一緒にして、自分の信心の後退を正当化しようとする心こそ、克服すべき対象なんです。


第九の利養虚称(りようこしょう)ですが、利養は、利を貪ることです。虚称は、虚名にと     らわれていることをいいます。つまり、名聞名利を追い求め、信心を軽んじ、
     成仏への道を踏み外してしまう生き方です。


 学会の人事でも、正役職から副役職になったときなど、自分が軽視されているように思い込んで、新しく幹部に登用された人を嫉妬し、学会活動への意欲をなくしてしまう人がいます。それは虚称の心によるものです。その心を打ち破っていく戦いが信心なんです。


第十の『自高蔑人』(じこうべつにん)、
これは、自ら驕り高ぶり、人を卑しむことです。つまり、慢心です。慢心になると、誰のいうことも聞かず、学会の組織について、謙虚に学ぶことができなくなる。また、周囲も次第に敬遠し、誤りを指摘してくれる人もいなくなってしまう。社会的に高い地位を得た人ほど、この魔にたぶらかされてしまいがちなんです。


『自高蔑人』の心をもつと、みんなが褒め讃えてくれれば、学会活動にも参加するが、機嫌をとってくれる人がいないと、仏道修行を怠ってしまう。したがって、宿命転換も境涯革命もできず、福運も尽きていきます。そして、結局は、誰からも相手にされなくなってしまう。


 信心の世界、仏道修行の世界は、一流企業の社長であろうが、高級官僚であろうが、大学教授であろうが、あるいは、学会の最高幹部であろうが、皆、平等なんです。地位も、名誉も、関係ありません。信心の実証を示すために、社会で成功を収めていくことは大事です。しかし、それが名聞名利のためであれば、信心のうえでは、何の意味もありません。


 信心の世界では、一生懸命にお題目を唱え、たくさんの人を折伏し、誰よりも個人指導に励み、多くの人材を育ててきた人が偉いんです。広宣流布のため、仏子のために黙々と汗を流してきた人が尊いんです。信心の王者こそ、人間王者なんです。最高最大に御本仏から賞讃される大福運、大勝利の人であることを確信してください。