極悪と戦えば極善となる

 「破邪顕正」謗法呵責をメインに記事を綴っていきます。なお、コメント欄に初投稿する場合は、軽く自己紹介をするようにお願いします。管理人が非常識、悪質なコメントと判断した場合、削除させていただくこともありますのでご了承ください。

謗法の者を対治せよ

 『速(すみやか)に謗法の者を治すべし若し爾(しか)らずんば無尽の祈請有りと雖(いえど)も災難を留む可からざるなり』(御書P85)


 (すみやかに謗法の者を対治しなさい。もし、そうしなければ、無量の祈りがあっても災難はとまらない(祈りは叶わない))


 どんなに祈っても、謗法を対治しなければ、不幸は克服できず、祈りはかなわない。
これが御書の仰せである。ゆえに、私どもは、謗法の日顕宗を対治するまで、断じて戦いぬいてまいりたい。


 このあと日蓮大聖人は、『謗法の僧を厳しく対治することは罪になるか』との問いを設けられ『必ず厳しく対治しなさい。全く罪などない』(同)と経文(涅槃経)を引いて明快に断言されている。『苦治(くじ)』、すなわち仏敵が苦しむほど厳しく対治してこそ、祈りは叶う。泥を捨ててこそ、清水が飲める。雲を払ってこそ、太陽の光を浴びられる。
ガンは切除してこそ、薬も効き、健康体になる。


 極悪は、徹底して""強く""責めなければいけない。
この御文に照らして""責めすぎる""などということはない。
大聖人は、『邪悪の僧を由比ヶ浜に並べて斬首せよ』(P287)とまで言われている。


 当時の武家社会に即して厳しい表現になっているが、いわんとするところはその烈々たる謗法呵責のご精神である。それを深く拝するがゆえに、今、学会も、日顕宗を責め抜いている。ゆえに、功徳もいやまして大きく、早く出ている。これが仏法の不思議なる力用なのである。
       (輝きの人間世紀へー御書とその心 池田大作)

如来滅後五五百歳始観心本尊抄①

 これは記事にしてよいものか相当迷ったが、青年部教学試験のおり、『如来滅後五五百歳始観心本尊抄』の講義を受け、講師の方から学んだことをベースに、自分の御本尊に関する考察を連載させていただく。


如来滅後五五百歳始観心本尊抄は 
「にょらいめつご ごの ごひゃくさいにはじむ かんじん の ほんぞんしょう」
と読む。


「観心」と「本尊」の間に「の」の字を入れて読むのは、爾前教(にぜんきょう)や法華経迹門、本門の文上(もんじょう)に説かれる「教相(きょうそう)の本尊」と区別する意味がある。「観心(かんじん)」とは「教相(きょうそう)」の対語であり、教相が経文を理論的に究明するのに対し、観心は、真理を己心に観ずる修行をさす。



         
この「如来滅後五五百歳始観心本尊抄」の題号には
日寛上人は"" 時・応・機・法""の四義が具足しているとする。


如来滅後五五百歳=時
始む=応
観心=機
本尊=法


なお、この「時・応・機・法」、大聖人や日寛上人が考えたものではなく、もともと江戸時代の仏教の檀家制度で信者のニーズにあわせてつくられた考え方といわれている。



しかし、この信者の欲求にあわせてつくられた「時・応・機・法」というのが、
信仰を通して自分がどのように成長していくか、という視点がまったくなかった。
自分は人間革命もせず、自己の欲望を満たすだけの呪術的な祈祷による""おすがり信仰""がひろまっていた。それに真っ向から意義を唱えたのが第26世日寛上人であった。


民衆が困っている ""時""に
生きるという根本的なことで悩んでいる悩みに ""応じて""
末代幼稚の凡夫である我々の機根に ""あわせて(機)""
十界互具・一念三千の御本尊を「明鏡」として受持させ
開仏知見、ある仏界の生命を開かせる ""法""


これが正しい「時・応・機・法」のとらえ方である、と。
         
          

敵は成仏の必須条件

「かたきのなき時はいつわりをろかにて候」
                   御書P1475


(敵がいない時には、いつわった愚かな姿のまま安穏に過ごせる)



 敵がいるからこそ、いつわり愚かではいられなくなる。




人間を成長さすのは、やはり味方より強敵だということだろう。
悪口罵詈し苦しめてくる者は、自分を鍛え、成長させる。


以前、職場で私を苦しめる人間がいた。
何度も""職場をやめてしまいたい""と思った。
精神的に追い込まれた。
""なんで自分がこんな理不尽な仕打ちをうけるのか""悩んだ。
何度もトイレに駆け込んで泣いた。


しかし、元来、負けず嫌いだった私は
""悔しい! あいつになんか負けて会社をやめるもんか""
と、必死になって題目をあげた。



唱題が200万遍に達したとき、
「職場から逃げたい」
という気持ちは一切なくなった。
それまでやられっぱなしだったのが、
生命力がついたせいか反撃できるようになった。


その人は私を強くするために、あえて""悪役""を演じてくれていたのである。



どんな縁も自分の強盛な信心で、
すべて""善知識""へと変えていくことができる。



BARBEE BOYS 負けるもんか