極悪と戦えば極善となる

 「破邪顕正」謗法呵責をメインに記事を綴っていきます。なお、コメント欄に初投稿する場合は、軽く自己紹介をするようにお願いします。管理人が非常識、悪質なコメントと判断した場合、削除させていただくこともありますのでご了承ください。

悪と戦うことは仏道修行の中の最重要

「邪正肩を並べ大小先を争はん時は万事を閣いて謗法を責むべし是れ折伏の修行なり、此の旨を知らずして摂折途に違はば得道は思もよらず悪道に堕つべしと云う事法華涅槃に定め置き天台妙楽の解釈にも分明なり是れ仏道修行の大事なるべし」
                       聖愚問答抄 P494



(邪と正が肩を並べてたち、大乗と小乗が争うときには、他のことを放っておいてでも謗法を責めなさい。これが折伏の修行である。このことを知らずに摂受と折伏を間違えれば成仏できず悪道におちてしまうという事は、法華経涅槃経で定められ、天台や妙楽の解釈にも分明である。これは仏道修行の大事なことである)



折伏行には自他の無明を打ち破っていく力があるからです。
勇気をもって戦った分だけ功徳があり、人間革命できるのです。


「御義口伝」には
「悪を滅するを功と云い善を生ずるを徳と云うなり」P762
とも仰せです。


勇気をもって自他の悪と戦っていくところにのみ、妙法の善なる力が現れてくる。
勇気ある戦いがなければ、偉大な功徳はありません。


偉大な人生を歩むためには、折伏が大切なのです。
                        御書の世界 第三巻より

而強毒之の故なり

「而強毒之」(にごうどくし)について調べてみた。


法華文句にある仏法用語で ""しか(而)もし(強)いてこ(之)れをどく(毒)す""と読み下し、
正法に背く者に対して、強いてこれを説いて毒心を起こさせること。


「而強毒之するは慈悲より起れり」御書P769



そうは言っても、相手が反発し「貪瞋癡の三毒をおこし、悪口罵詈する」ことがわかっていながら正法を説いていくのは、凡夫にとっては容易なことではないだろう。



折伏はしたいけど・・・相手がご近所さんであったり、職場が一緒であったり
毎日顔を合わせないといけない場合、何か事が起こると顔をあわせ辛くなる、また過去の複雑な人間関係等で、実際、言っていくのが厳しい場合もある。


そういう場合は、まず祈っていくしかないと思う。
祈った瞬間「因果倶時」で、自分の生命は変わる。


「とてもかくても法華経を強いて説き聞かすべし、信ぜん人は仏になるべし謗ぜん者は毒鼓の縁となつて仏になるべきなり」 
                     法華初心成仏抄 P552



リーダーの心構え

新人間革命29巻 「力走」より



「幹部は、会員の皆さんに負担をかけたりすることがないよう、よく注意を払っていただきたい。たとえば、会員の方の車に乗せてもらう場合でも、それを""あたりまえ""と思うようになれば、幹部として失格です。やむを得ず乗せてもらう時には、心から感謝し、お礼を言うべきです。人間として自分自身を厳しく律していくなかに仏道修行があり、人間革命があることを知ってください。」




物事は、小事が大事である。
大事故の多くは、一つ一つの細かい事柄への注意を怠ったことに起因している。
小さな配慮を欠いたことから、皆の信頼を失い、それが組織の停滞を招いた事例も少なく
ない。



「誰にもプライバシーがあります。いかに親しい間柄であっても、プライバシーは最大に尊重していかなければならないし、個人についての情報が漏れるようなことがあってはならない。幹部には守秘義務がある。それを、順守していくのは当然です」


「また、大勢のなかには、信心利用、組織利用の人もいるかもしれない。会員を守るために、それを鋭く見破り、よく注意していくようにお願いしたい。真の学会員としての道を歩まず、広宣流布のための仏子の集いである学会の組織を攪乱し、社会に迷惑をかけるような人を、看過してはなりません」


「時間に関連して申し上げれば、連絡、報告の連絡は簡潔にして、価値的に時間を使っていただきたい。また、幹部は、夜遅くまで会員の家にいるようなことをしてはならない。それぞれの家庭の憩いの時間もあるでしょう。けじめをつけていくことが大切です」



何事も、油断し、基本がおろそかになった時に事故が生じる。
広宣流布は魔との攻防戦であり、気のゆるみがあれば、そこに魔が付け入ってくる。