極悪と戦えば極善となる

 「破邪顕正」謗法呵責をメインに記事を綴っていきます。なお、コメント欄に初投稿する場合は、軽く自己紹介をするようにお願いします。管理人が非常識、悪質なコメントと判断した場合、削除させていただくこともありますのでご了承ください。

一切の原点は師弟にあり

戸田先生が亡くなってから60年たった今現在も、池田先生の心のど真ん中には戸田先生という「師匠」が厳然と存在している。


「戸田先生は、・・・と仰られた」と戸田先生の一言一言を生命に刻まれていて、戸田先生と若き日のご自分のエピソードなどをよく語ってくださっている。


「自分は一生涯、否、三世永遠に、この師と共に、広宣流布に生き抜くのだと覚悟を深めてきたのです」


師弟の距離は、「心」で決まる。
過去に最高幹部でありながら裏切っていった連中、また最近でも学会本部職員でありながら信心がおかしくなっていった連中は、身は先生のおそばにはいても心は遠く離れていたのだろう。


先生は、昨年90歳を前にしたご心境として、


「不思議なる霊山一会の愛弟子たちと共に、末法万年尽未来際までの地涌の義を決定づける」(大白5月号 世界を照らす太陽の仏法P37)


と決意を綴られた。



自分自身も常に心に師匠を抱き、一日一日、一瞬一瞬を大事に、どんな地味で小さな戦いであれ、丁寧にこなしていきたい。


私は先生亡き後が、本当の勝負であり、自分の信心が試されると思っている。
大聖人御入滅後、五老僧が「天台沙門」を名乗り謗法を重ねて裏切っていくなかで、
日興上人ただお1人、「日蓮聖人の弟子 日興」と生涯名乗られ、信念を貫きとおされた。



弟子の側の責任は重大だ。
弟子によって師匠の教えが正しく伝わるかどうかが決定づけられるからである。



よき弟子をもつときんば師弟・仏果にいたり・あしき弟子をたくはひぬれば師弟・地獄にをつといへり、師弟相違せばなに事も成べからず 
                      華果成就御書 P900


今の大石寺に日蓮仏法はない

今日、4月28日は立宗の日。
日蓮大聖人は、「南無妙法蓮華経」の題目を唱え、""法華折伏 破権門理""の旗をかかげ、三類の強敵との闘争を開始された。


そして、「日蓮と同じく」P903 「日蓮がごとく身命をすてて強敵の科を顕せ」p1589
と弟子たちにも自分と同じく強敵の科、魔を駆り出して""師子王の心""で戦うように促されている。


御書をきちんと学んでいれば、
「大聖人直結などという考え方自体が、本宗にはありません」
(1995・2月 阿部日顕の発言)
などという言葉がでてくるはずがないのだ。


法華経方便品には、仏がこの世に出現した目的(唯一大事因縁)は、「衆生をして仏知見を開かしめんと欲す」、衆生の中に内在している仏知見を開かせ、示し、悟らせ、仏知見の道に入らせることだと説かれている。(欲令衆生開仏知見 P244) 


また、「我が如く等くして異なる無し」P246、衆生を仏と同じ境涯にまで引き上げたいというのが釈尊の願いでもある。


したがって、以下の阿部日顕の
「仏智というものは、民衆が分かるはずがないんですから、ボンクラどもが千人おるよりも、仏様一人のお考えのほうが正しいんです」


「あのねー、ミーチャンにもハーチャンにも分かるようによ、ペコペコよ、頭下げて説いてたらよ、本当の法なんて説けやしないんだ」


「民衆、民衆って言う奴ほどバカなんだ」
(1994・8月 教師指導会)


これだけの暴言の数々を見るだけでも「一切衆生皆成仏道」の法華経を説いた釈尊の精神からもほど遠いことがわかる。


凡夫はいくら修行しても偉大な仏になれないというのであれば、
法華経本門どころか法華経の迹門でもない、「一念三千の法門」を完全に無視しているこ
とになる。


今の大石寺に日蓮仏法はないどころか法華経の精神すらない。
ただのおすがり信仰に堕している。


自己肯定感を高める方法

4月21日付の聖教に目を通すと「日本の高校生の自己肯定感が、他の国と比べて著しく低い」とあった。(グローバルウォッチ 共生の未来へ)


自己肯定感が低くなる要因は、生まれ育った環境、宿命的なもの、様々あるだろう。


大変な病気や宿命にさらされ、落ち込んでいるとき、それでも「自分自身を信じぬいていく」のはとても難しい。「逆境のときでも自己を肯定することができた」それが日蓮大聖人だと私は思う。


貧乏で身分も低くて、しかも罪人。
弟子はたくさん殺され、自分もいつ殺されてもおかしくない状況。
普通は、卑屈になるし、運命を呪ったりするだろう。


しかし御書には「うれしいかな」「たのもしいかな」「歓喜の感涙」といった言葉がたくさん散りばめられている。竜の口の首の座にあっても泣く四条金吾に対して、
「これほどの悦びをば・わらへかし」と。


いったい、どうしたらこんな大境涯になれるのか。
私なりに思索した結果、シンプルな答えがでた。


「勇気をだして、日本中の謗法を破折していった」


からだと私は思う。


開目抄には、「言えば(破折すれば)大難、言わなければ(破折しなければ)無間地獄」と。



「二辺の中には・いうべし」


大聖人は「言う」ことを選ばれた。
そして大難に耐え、折伏戦を展開されるなかで「はがねのような精神力」が培われ、生命が鍛えられ、一見、地獄のような境遇にあっていても、心は澄み渡り、自身の成仏を絶対的に確信し、根底から安心しきっていた。



人生は、選択していくことの連続だ。


一つは、平坦で楽な道。
この道を選べば、傷つくこともないし、転ぶこともない。
しかし、どこにも行きつくことはできない。
それは絶望に等しい。


もう一つは、険しい道。
この道を選ぶと、何度も転び、傷だらけになる。
しかし、登り切って頂上からみる景色は素晴らしい。
""この道を選んでよかった""と心から思える。


大聖人の話とは次元は違うが、小泉純一郎元総理は、息子の進次郎氏に


「階段とエスカレーターがあったら、階段の方であがりなさい。人生も、楽なほうと苦しいほうの選択をするときは、必ず辛い方を選びなさい」


と語ったという。


困難に挑むことが、人間の心を鍛え、成長させる。
それが自己肯定感を高めることにつながるのではないだろうか。