極悪と戦えば極善となる

 「破邪顕正」謗法呵責をメインに記事を綴っていきます。なお、コメント欄に初投稿する場合は、軽く自己紹介をするようにお願いします。管理人が非常識、悪質なコメントと判断した場合、削除させていただくこともありますのでご了承ください。

真の先祖供養とは

お盆の由来は、釈迦の十大弟子のひとりで神通第一といわれた目連が、
自分の母親が「慳貪の科」によって、死後、餓鬼道に堕ちているのを見て、神通力で救おうとするのだが上手くいかず、釈尊に救いを求めたところ「あなたの母は罪が深く、あなた一人の力では救っていけない。十方の聖僧に供養せよ」と言われ、その通りにして母親を救っていったとの「盂蘭盆経」の逸話からきている。


しかしこの盂蘭盆経の逸話を利用し、
信者の供養を貪っていた堕落した既成仏教の僧らに対して大聖人は、



「いまの僧等の二百五十界は名計りにて事をかい(戒)によせて人をたぼらかし一分の神通もなし、大石の天にのぼらんと・せんがごとし、智慧は牛にるいし羊にことならず、たとい千万人を・あつめたりとも父母の一苦すくうべしや」
                         盂蘭盆御書 P1429


四条金吾御書においては「食法がき」「狗犬の僧」「未来には牛頭 馬頭」等々、
手厳しい破折をくわえている。


「まことの心なれども供養せらるる人だにも・あしければ功徳とならず、かへりて悪道におつる」P1486


どんなに真心こめて供養しても、供養した相手が悪ければ悪道におちる、と。



大聖人は「自身仏にならずしては父母だにも救いがたし・いわうや他人をや」、
父母を救っていくには、まず自分が仏になることが大切であると断言されている。



自分自身が仏道修行に励み、成仏することがそのまま父母や先祖のへの供養となる。



「悪の中の大悪は我が身に其の苦をうくるのみならず子と孫と末へ末代までもかかり候なりけり、善の中の大善も又かくのごとし、目連尊者が法華経を信じまいらせし大善は我が身仏になるのみならず父母仏になり給う、上七代・下七代・上無量生下無量生の父母等存外に仏となり給う」
                          盂蘭盆御書 P1430



出家功徳御書についての考察

前回に引き続き、「出家功徳御書」について


②【されば其の身は無智無行にもあれ髪をそり袈裟をかくる形には天魔も恐をなすと見えたり】 P1251


無智であれ、無行であれ髪を剃って袈裟をかける形(姿)には天魔も恐れをなす、というもの。



しかし「盂蘭盆御書」P1428 では、


「いまの僧等の二百五十戒は名計りて事を戒によせて人をたぼらかし一分の神通もなし」
                                  


と今の""戒をたもっている僧""といっても名前ばかりで、その戒律に事をよせて人をたぼらかしてほんの少しも力などない、と「形だけの僧侶」を痛烈に破折されている。これも②とは真逆。



大聖人は、富木常忍が出家を願ったときも、金吾同様に
""現実逃避のための出家""を思いとどめさせている。
常忍は、主君の死、母の死、妻の病気など悲しい出来事が続いて世の無常を感じ、出家して大聖人の側で仏道修行したいと願いでる。それに対する返事が「四信五品抄」とされ、大聖人は形の上で戒をたもつことは必要ないと諭されている。


出家功徳御書では僧侶という「形」にやたらとこだわっているが、「心こそ大切」と門下に呼びかけられた御指導とは、正反対。


仏道修行にも励まず、学ぼうとせず「袈裟をかけただけで天魔も恐れをなす」など堕落している坊主にとってこれほど都合のいい御文はない。


「出家功徳御書」の作者?は、
「大集経」などの文を用いて自分たち出家にとって都合のよい言葉を羅列し、それをあたかも大聖人があらわされたように偽装し、権威化を図ったのではないだろうか。



【偽書を造つて御書と号し本迹一致の修行を致す者は師子身中の虫と心得う可き事】
                                (日興遺誡置文)




出家功徳御書 分析

弘安二年五月にあらわされたとされる「出家功徳御書」(御書全集P1251~)は、巷で「偽書説」がささやかれているが、他の御文との違いを比較分析してみたい。


① 【身は無智無行にもあれ形出家にてあらば里にも喜び某も祝著たるべし】


無智であっても、仏道修行を怠っていても、""形が出家""であれば、里(父母)も喜び某(大聖人)も喜ばしく思う、というもの。



しかし、度重なる苦境に世をはかなみ、「出家したい」と願い出た四条金吾に
大聖人は出家を思いとどまらせている。


「おもひのままに入道にもなりておはせば・さきざきならばくるしからず・又身にも心にもあはぬ事あまた出来せば・なかなか悪縁・度度来るべし、このごろは女は尼にありて人をはかり男は入道になりて大悪をつくるなり」
                         P1148 四条金吾釈迦仏供養事


(思うがままに入道になるのは、先々のことならよいでしょう。しかし身にも心にもそぐわないことがおこると、仏道を妨げる悪縁はたびたびやってきます。
このごろは女は尼となり男は入道となって大悪をつくっています)


形ばかり「出家」しても、
心が鍛えられていなければ、すぐに悪縁に染まってしまう、と。
①とは真逆の御文である。もし①が大聖人のご真筆であるなら金吾の出家の願いを大喜びされたのではないだろうか。


さらに


「受けがたき人身を得て適ま出家せる者も、仏法を学し謗法の者を責めずして徒らに遊戯雑談のみして明し暮さん者は法師の皮を著(き)たる畜生なり」


                          松野殿御返事 P1386
これも①とは真逆。


他にも同類の御文はあり、「出家功徳御書」は後世の何者かが手を入れた偽書の可能性は高い。


余談だが、日顕はこの「松野殿御返事」を引いて自ら「法師の皮を着たる畜生」であると白状?している。


「麻雀なんて昔はよくやってましたよ。宗門の僧侶が。もう麻雀やんなきゃ、人でないっていうほど(笑) (中略)それから囲碁、将棋。私は囲碁をやりました。しかし、ともかく、こういう者を【遊戯雑談のみして明し暮さん者は法師の皮を著たる畜生なり】と大聖人の御書に説かれておるけれども、これはみんな知っているけれども、それについて実際は大聖人様に「畜生だ!」って言われてんだけれども、まー、やっぱりでも、そのへんはピンとこない」
           (1994・2月 全国宗務支院長会議) 地涌 743号より一部抜粋