極悪と戦えば極善となる

 「破邪顕正」謗法呵責をメインに記事を綴っていきます。なお、コメント欄に初投稿する場合は、軽く自己紹介をするようにお願いします。管理人が非常識、悪質なコメントと判断した場合、削除させていただくこともありますのでご了承ください。

猫さんへ③

③のご質問


「戒壇の大御本尊は信受の対象とはしないのに、ご内証をうつされた日寛上人書写本尊が信仰の対象になる理由は?」



弘安二年の大御本尊は、大聖人が全世界の民衆の幸せを願ってあらわされたものです。
しかし、②でも述べたように、現在は謗法の地にあるので信受の対象としないだけであって、大御本尊そのものを否定しているわけではないので、そのご内証を書写された日寛上人の御本尊を受持の対象とすることは何ら問題はないはずです。



大聖人が日興上人に「地頭の不法ならん時は我も住むまじき」とご遺言されたように、身延のような謗法の山と化してしまった現在の大石寺には、いかに大御本尊がご安置されていても大聖人の魂は住んでいないのです。



大御本尊は、大聖人があらわされたものですが、大御本尊自体に何か、「パワーストーン」のような超常的・呪術的・魔法のような力があるわけではないのです。



よく「ご本尊から功徳をもらう」という言い方をよくしますが、
正式には「御本尊と境智冥合することにより、自分にそなわっている仏界が開いた」という言い方が正しいと思います。南無妙法蓮華経の御本尊は 他宗の本尊のような祈祷の対象ではなく、あくまでも「自身の仏界をうつす明鏡」です。だから大聖人は「観心本尊抄」の冒頭でいきなり本尊の話をせず、まず十界互具・百界千如・一念三千の話をされ、「私たちの心の中に仏界がある」「仏界と九界がそなわっている」ことを繰り返し述べられているし、


また一生成仏抄では、「都て一代八万の聖教・三世十方の諸仏菩薩も我が心の外にありとは・ゆめゆめ思ふべからず」と自分の心の以外に法をもとめてはいけないと仰せられています。


「我が己心中の南無妙法蓮華経を本尊とあがめ奉りて我が己心中の仏性・南無妙法蓮華経とよびよばれて顕れ給う処を仏とは云うなり」(法華初心成仏抄)


我が己心中の仏性、南無妙法蓮華経を本尊とあがめよ、と。
つまり御本尊とは、現代風にいうと私たちの中にある最高に素晴らしい生命をあらわしているのです。


なにも大御本尊を拝まないと、成仏できないということはないのです。
その証拠に御書には大御本尊に関する記述がありません。


(次回に続きます)




猫さんへ②

②のご質問


「現在の宗門と学会では三宝が違いますが、三宝の違う教団の本尊を信じる必要性とひろめる必要性は?」 について


日蓮正宗で法宝と立てられている戒壇の大御本尊が受持の対象からはずされたことを仰られているのですね。それは現宗門が身延にすりよったり、檀家の謗法を放置するなど現在の大石寺の戒壇が本門の本尊をご安置するのにふさわしくないからです。




もともと日蓮正宗の三宝は


仏宝=日蓮大聖人
法宝=戒壇の大御本尊
僧宝=日興上人


であったはずです。


ところが1991年に宗門が学会に送付した「解散勧告書」には、


【(学会が) 僧宝として日興上人一人を挙げ、日目上人以下の歴代上人は除外している】


【唯授一人の血脈をないがしろにする師敵対の大謗法】


【本宗伝統の三宝義を改変する邪義】


などと、いいがかりがつけられてありました。


しかし、それ以前に阿部日顕自身が以下のような発言をしています。


「歴代法主以下、一般の僧侶についてはあえて僧宝とはいわない」(1980・3月)


「大石寺の基礎教学は、あくまで日興上人を僧宝と立てる」(1981・8月25日 全国教師講習会)


「歴代法主は僧宝以下の立場であって、それを軽々しく仏様だ、仏様だというような表現は、少し言い過ぎである」(1983・3月31日 非教師指導会)


本人は、この当時の発言は「師敵対の大謗法」だったと反省しているのでしょうか・・・。日蓮正宗伝統の三宝を破壊したのは学会ではなく日顕自身です。


したがって、日蓮正宗とは三宝の違う教団""日顕宗""の本尊を信じる必要性もないし、ひろめる必要性はない、ということになりますね。



猫さんへ

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
また、個人的な都合でご質問に対する返事が大変に遅れましたこと、お詫び申し上げます。


私なりにいろいろと思索したことを記していきたいと思います。


①のご質問「創価学会と日寛上人の関係性」について


日寛上人は宗門においても中興の祖と仰がれています。


江戸時代の大石寺において、謗法が蔓延し宗開両祖の御精神が失われつつあった時、
大聖人の教学の立て直しをはかり、宗内を改革、謗法厳戒の精神をよみがえらせたのが日寛上人です。


戸田先生は、「信心は大聖人の時代に還れ、教学は日寛上人の時代に還れ」と仰せられ、
日寛上人の教学をもとに研鑽してきましたが、現在学会では日寛上人の教学は「日蓮大聖人の正義を明らかにする普遍性のある部分」と「疲弊した宗派を護るという要請に答えて唯一正当性を強調する時代的な制約がある部分」があるので、両者をたてわける意味で日寛上人の教学の見直しを行っています。(会則の教義条項改正に関する解説 参照)


例えば、「時・応・機・法」という言葉がありますが、これは大聖人や日寛上人が考えた言葉ではなく、もともとは江戸時代の檀家制度で信者のニーズにあわせてつくられたものです。


それを日寛上人は「観心本尊抄」の題号にあてはめられて、「如来滅後五五百歳始観心本尊抄」という題号にはこの「時・応・機・法」の四義が具足するとされました。


仏法は「時」が大事です。
その時代に応じて法の説きかたは変わってくると思います。


②のご質問については 次回にお答えしたいと思います。