極悪と戦えば極善となる

 「破邪顕正」謗法呵責をメインに記事を綴っていきます。なお、コメント欄に初投稿する場合は、軽く自己紹介をするようにお願いします。管理人が非常識、悪質なコメントと判断した場合、削除させていただくこともありますのでご了承ください。

化法についてⅡ(梵我一如さんのご質問に対する考察)

次に【今日蓮が時に感じて此の法門広宣流布するなり】(御書P1023)と仰せの「此の法門」=「一念三千」の中核となる『十界互具』について考えてみたいと思います。
十界互具は、従来の九界を嫌い、そこから離れて成仏するという「厭離断九」の考えを覆す画期的な法理であり、この「十界互具」を無視して日蓮大聖人の本尊観は語れないと思っています。



十界互具の文証(御書P240~)


【衆生をして仏知見を開かしめんと欲す】(御書P240)は、法華経方便品の「欲令衆生開仏知見」の読み下しで、開示悟入の四仏知見のうちの「開仏知見」の文。‘’仏は、衆生(凡夫)の中にある仏の知恵を開かしたいと願っている‘’という意味ですが、「開かしめん」と経文にあるのは、我々凡夫(九界の衆生)に、もともと仏の智慧の境涯がそなわっていて、それを開いて顕すことができる、ということを示しています。(九界所具の仏界)



【是くの如く我れ成仏してより已来甚大に久遠なり寿命・無量阿僧祇劫・常住にして滅せず・・・(略)復上の数に倍せり】(同)



法華経寿量品のこの文は、仏が過去に菩薩道の修行をして仏になったこと、その仏の生命に菩薩の生命(九界)もつきることなく具わっていて、悟りを開いて仏になっても、九界を消しさり、離れたわけではないことを示されています。(仏界所具の九界)



九界の衆生にも「仏界」は具わっていて、それを開いていけば成仏できること、また、すでに仏界を開いて成仏した仏であっても、九界を離れているわけではないこと、
法華経方便品の「九界所具の仏界」、法華経寿量品の「仏界所具の九界」、



この二つを示す文証から、「仏」とは、何か超越的な、雲のうえの特別な存在ではなく、あくまでも九界の生命ももった「人間」のことなのだということがわかります。


                               (続きます)



追記 ①のご質問に対する考察は、既にネット上においては議論され尽くされてきた、人師・論師の解釈の引用をせず、大聖人の言葉(御書)のみの引用とさせていただきます。



化法について(梵我一如さんのご質問に対しての考察)

まず①のご質問に対する考察です。


「本尊義」を根本とする正宗の教学とは違うと思いますが、
学会で習ったことをもとにして自分なりに考察していきます。


正宗と今の学会の化法の捉え方の違い


正宗=戒壇の大御本尊
学会=法華経の題目(南無妙法蓮華経)


化法とは、生命の実相を示した真理のことで、大聖人は、生命の実相を示した真理を
『法華経の一念三千』に見いだされ、この『一念三千』を広宣流布すると仰せられています。


【問う一念三千の正しき証文如何、答う次に出し申すべし此れに於て二種有り、方便品に云く「諸法実相・所謂諸法・如是相・乃至欲令衆生開仏知見」等云云、庭下の凡夫・理性
所具の一念三千か、寿量品に云く「然我実成仏已来・無量無辺」等云云、大覚世尊・久遠実成の当初証得の一念三千なり、今日蓮が時に感じて此の法門広宣流布するなり】
                        (三大秘法稟承事 P1023)



一念三千とは、私たち衆生の「一念」(瞬間瞬間に働く心)に、三千の諸法(森羅万象)が具わっていることで御書の「観心本尊抄」の前半部分でも登場しますが、
タイトルは「観心本尊抄(正式には如来滅後五五百歳始観心本尊抄」なのに、前半は本尊の話をせず(本門の本尊を明かすのは、P247から) まず私たち衆生の‘’心の中の話‘’から始められていること(一念三千の典拠を示して観心を明かす)に深い意義があると思います。


摩訶止観第五巻に云く


【夫れ一心に十法界を具す一法界に又十法界を具すれば百法界なり一界に三十種の世間を具すれば百法界に即三千種の世間を具す,此の三千・一念の心に在り若し心無くんば而巳介爾も心有れば即ち三千を具す乃至所以に称して不可思議境と為す意(こころ)此に在り】
                          (観心本尊抄 P238)



天台の摩訶止観は、凡夫が止観(自分の心を見る)を実践するに至って、己心(自分の心)を対象とすべきであることを示し、己心を観ずる「観心」修行を明かしたもので、法華経の法理に基づき、一念三千の法理を整備し、一切衆生の成仏の道を明らかにしたもの。


一念三千は「終窮究竟(しゅうぐうくきょう)」の極説(P239)であり、故に止観の序の中に「説己心中所行法門」(自身の心の中で行じている法門を説く)との言葉は、実に理由のある言葉で、「止観」を尋ね読む者に求めたいことは、一念三千以外の異なるものを修行の対象としてはならない、との妙楽の釈を引かれて、この一念三千こそが天台の究極・最高のおしえであることを明かされます。


                               (続きます)

梵我一如さんへⅡ

①化義は時代に応じて変わったとしても、化法は勝手に変えたらいけないのではないか
②化義を在家の信徒が勝手に変えてもいいという文証はあるのか



この二つを徹底的に掘り下げて考察していきたいと思います。
かなりの長文になりそうなので、何回かに分けて記事を更新していきます。



今、リアルでかなり立て込んでおり、マルチタスクが苦手な性分なので、
ご意見・ご感想等があれば、考察後にまとめてコメントを投稿していただければ、
と思います。