極悪と戦えば極善となる

 「破邪顕正」謗法呵責をメインに記事を綴っていきます。なお、コメント欄に初投稿する場合は、軽く自己紹介をするようにお願いします。管理人が非常識、悪質なコメントと判断した場合、削除させていただくこともありますのでご了承ください。

ときには鬼になることも必要

以下、再び青年僧侶革命同盟 成田雄伴氏の投稿より抜粋


【こっちが鬼になるんです。池田先生が法華経の智慧の中で、「阿修羅の如く戦わせてくださいと祈ることです。」と。阿修羅というのは、要は、鬼なんですね。お人よしだとなかなか魔に勝てないと思います。】


【長野の女性社長、婦人部の方は、チンピラに1年間ゆすられ、たかられ脅され、4、5万払わなきゃいけない状況になっていたそうです。毎日、びくびくする生活を送っているうちに、いつのまにか、祈り自体も、信心自体もびくびくするようになってしまいました。それを幹部に厳しく怒られ「あなたはどういう祈りをしているの?」「毎日、チンピラに脅かされているから、諸天善神どうか動いてください。お願いしますって祈ってます」って】


【そしたら(その幹部の方に)『そんな祈りでは働くわけない。』『諸天善神しっかり働け !』(爆笑)と、こう祈れと。『""働かなければわしが食い殺すぞ! "" (大爆笑) ぐらいに脅しをかけるんだ。 そうするとすぐ働く』】


【『何故ならば、大聖人の祈りは、法華経の行者の祈りなんだ。法華経の行者の祈り、要するに、「諫暁八幡抄」とか「種種御振舞御書」で言われている、大聖人が竜の口の首の座に連行されるときに諸天が働かないということで、若宮八幡宮の八幡大菩薩の前で大聖人が馬から降りて八幡大菩薩に「もの申す! 貴様らまことの神か! 」「しっかり働け! 」と言ってから、諸天が江の島の方角から光り物を飛ばして大聖人を護ったとありますが、要するに法華経の行者にとって、諸天善神は家来なんだ、家来に向かって「お願いします」なんて言っても働くわけないんだし、「しっかり働け! 」と祈って、合わせて「日顕を徹底的に倒すんだ」という祈りを猛然とやりなさい』、と指導されたんですね。】


【それをやりだしたら、翌日、すぐに諸天が動いて、そのチンピラが本物のヤクザに暴行を受けて入院したんだそうです。つまりヤクザが味方になってくれたんですね。そのヤクザが、その女性に「あんたが真面目に人生生きてきたから、神様が護ってくれたんだ」と言ったそうです。そのうえ、今まで脅かされていた金額もびた一文払わなくてもいいとチャラになったんです。】