極悪と戦えば極善となる

 「破邪顕正」謗法呵責をメインに記事を綴っていきます。なお、コメント欄に初投稿する場合は、軽く自己紹介をするようにお願いします。管理人が非常識、悪質なコメントと判断した場合、削除させていただくこともありますのでご了承ください。

仏法は勝負

悪との戦い (輝きの人間世紀へ 御書とその心 池田大作)


「悪鬼入其身」について、「御義口伝」では、こう仰せである。


『悪鬼とは、邪義を弘めた法然や弘法らのことである。其の身に入るとは、国王・大臣という権力者や万民などの身に入ることである。今、日蓮とその門下の南無妙法蓮華経と唱える者を、悪鬼が入った彼らが必ず怨み迫害するということである。』(御書P749)


今も、この仰せのとおり、「悪鬼入其身」の者が、広宣流布を破壊しようと暗躍している。戦わねばならない。この悪人と戦わなければ、知らず知らずのうちに自分も、「その身に入ろう」とする悪鬼の影響を受けてしまう。


油断してはならない。『仏法は勝負』である。仏法は厳しい。
悪鬼に完全に打ち勝たなければ、結局は自分自身が悪鬼の眷属になってしまうのである。
日蓮大聖人は、『鬼とは命を奪う者で、奪功徳者というのである』(P749)と。



2003・1・18 創価ルネサンスバンガード/ SOKA Renaissance Vanguard Drum & Brass Corps